読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ΕΚ ΤΟΥ ΜΗ ΟΝΤΟΣ

熱い自分語り

【歌詞和訳】Barry Gray / I Wish I Was a Spaceman(宇宙船XL-5エンディングテーマ)

TV 歌詞和訳 ITC 音楽

 サンダーバードで有名なジェリー・アンダーソンの手掛けた痛快スぺオペ特撮人形劇『宇宙船XL-5(Fireball XL5)』のエンディングテーマを訳してみました。曲を聴いた限りふわーんとした感じの何とも軽快な曲っぽかったのですが、きっちり歌詞と向き合ってみたら、これがまた泣けること泣けること。どんな時でも夢を見ることの大切さみたいなのを教えられました。あーーーいい曲だなあ。

 ちなみにこの『宇宙船XL-5(Fireball XL5)』ですが、版権が複雑なのか、それとも需要がないのか分かりませんが、未だに日本でまともにソフト化されてないっぽいです。勘弁してよーーー。キャプスカとかスティングレイがいけるだったらこれもいける! 東北新社さんお願いします宇宙船XL-5とスーパーカーのボックス出してください何でもしますから!

 

I wish I was a space man,
The fastest guy alive.
I'd fly you round the universe,
In Fireball XL-5.
Way out in space together,
Conquerors of the sky,
My heart would be a fireball,
A fireball,
Every time I gazed into your starry eyes.

We'd take the path to Jupiter.
And maybe very soon,
We'd cruise along the Milky Way,
And land upon the moon.
To our wonderland of stardust,
We'll zoom our way to Mars.
My heart would be a fireball,
A fireball,
If you would be my Venus of the stars.

But no, I'm not a space man,
Famous and renowned.
I'm just a guy who's down to earth,
With both feet on the ground.
Its all imagination —
I'll never reach the stars.
But my heart is still a fireball, a fireball,
And you could be my Venus of the stars

 

宇宙飛行士だったらなあ
この世で一番の韋駄天にさ
君と一緒に宇宙を一周するんだ
ファイヤーボールXL-5号に乗って
いっしょに宇宙に飛び出して
あの空を征服しよう
僕の心は火の玉さ
火の玉さ
いつだって君の星のような瞳を見つめてる

木星に向けて舵を取ろう
瞬きする間に到着だ
天の川を伝って走り
月面に着陸だ
星屑散らばる不思議の国へ行こう
火星に向かって急上昇しよう
僕の心は火の玉さ
火の玉さ
君が星の女神になってくれるなら

でも違う 僕は宇宙飛行士なんかじゃない
名声なんかには縁がない
僕はただの地味な男で
二本の足は地面についてる
今までのは全て空想だ
あの星に手が届くことはない
でも それでも僕の心は火の玉さ 火の玉なんだ
そして 君だって星の女神になれるよ

 

OPとEDの詰め合わせ。OPも最高!!


Fireball XL5 - Start & Theme Song

 

フルバージョン。3番がいいんだよなあ。


Fireball XL5 Full Theme Song With Lyrics

 

『ロンドン・ドッグス(Love, Honour and Obey)』っていう2000年のイギリス映画に、登場人物がこの歌をうたうシーンがあるみたいです。どういう文脈? 映画みてみたい。


Fireball XL5 Theme song

 

 

Stand By for Action!

Stand By for Action!