ΕΚ ΤΟΥ ΜΗ ΟΝΤΟΣ

熱い自分語り

2019-01-17から1日間の記事一覧

須賀敦子と俺

「コルシア・デイ・セルヴィ書店をめぐって、私たちは、ともするとそれを自分たちが求めている世界そのものであるかのように、あれこれと理想を思い描いた。そのことについては、書店をはじめたダヴィデも、彼をとりまいていた仲間たちも、ほぼおなじだった…