読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ΕΚ ΤΟΥ ΜΗ ΟΝΤΟΣ

熱い自分語り

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「別の言語」

 新年あけましておめでとうございます。今年も相変わらずハリール・ジブラーンのThe Madmanをこつこつ訳してこうと思います。今年の折り返し地点までには全部訳せると思うので、そっからはまた別の作品を訳してこうと思います。今日のは'The Other Language'という作品。大好きな漫画に、

そうねえ
でも
赤ちゃんの時って

今よりももっといろんな事
知ってたんじゃないかって
思うことあるわ*1

 という台詞がありますが、そういう作品です。

 

The Other Language


Three days after I was born, as I lay in my silken cradle, gazing with astonished dismay on the new world round about me, my mother spoke to the wet-nurse, saying, “How does my child?”

And the wet-nurse answered, “He does well, Madame, I have fed him three times; and never before have I seen a babe so young yet so gay.”

And I was indignant; and I cried, “It is not true, mother; for my bed is hard, and the milk I have sucked is bitter to my mouth, and the odour of the breast is foul in my nostrils, and I am most miserable.”

But my mother did not understand, nor did the nurse; for the language I spoke was that of the world from which I came.

And on the twenty-first day of my life, as I was being christened, the priest said to my mother, “You should indeed by happy, Madame, that your son was born a Christian.”

And I was surprised,--and I said to the priest, “Then your mother in Heaven should be unhappy, for you were not born a Christian.”

But the priest too did not understand my language.

And after seven moons, one day a soothsayer looked at me, and he said to my mother, “Your son will be a statesman and a great leader of men.”

But I cried out,--”That is a false prophet; for I shall be a musician, and naught but a musician shall I be.”

But even at that age my language was not understood--and great was my astonishment.

And after three and thirty years, during which my mother, and the nurse, and the priest have all died, (the shadow of God be upon their spirits) the soothsayer still lives. And yesterday I met him near the gates of the temple; and while we were talking together he said, “I have always known you would become a great musician. Even in your infancy I prophesied and foretold your future.”

And I believed him--for now I too have forgotten the language of that other world.

 

別の言語


 生まれて三日目のこと。絹の揺り籠に横たわり、自分を取り巻く新しい世界を目の当たりにして驚き狼狽えていると、母が乳母にこう言った。「坊やはどう?」

 乳母は答えた。「いい子にしてますよ、奥様。三度もお乳をやりました。こんなに小さいのに、こんなに楽しそうにしてる赤ちゃんは初めてですよ」

 それでわたしは怒って泣いた。「嘘だよ母さん。だってベッドは固いし、飲まされたミルクは苦いし、胸の臭いで鼻が曲がりそうだし、もう本当に惨めなんだよ」

 しかし母には分からなかった。もちろん乳母にも。なぜならば、わたしが話した言葉は、前にいた世界のものだったからである。

 生まれて21日目のこと。洗礼を施される際、司祭が母に言った。「喜びなさい、あなたの息子は生まれながらのキリスト教徒である」

 わたしは驚いてその司祭に言った。「それなら、天国にいるあんたの母親は惨めだな。お前はキリスト教徒に生まれやしなかったんだから」

 だが、司祭もわたしの言葉を理解できなかった。

 七月が経ったある日のこと。ある占い師がわたしを見て、母にこう言った。「お前の息子は政治家になり、人民の偉大な指導者になるであろう」

 わたしは叫んだ。「あいつは偽預言者だよ。将来は音楽家になるんだ。音楽家以外になんかなるもんか」

 だが、その齢になってもわたしの言葉は理解されず、わたしの驚きも大きかった。

 それから3と30年が経った。その間に、母も、乳母も、あの司祭もみんな死んだ(彼ら彼女らの魂に神の影が差さんことを)。でも、あの占い師はまだ生きていた。そして昨日、彼に神殿の門の傍で出くわした。二人で話していると、彼は言った。「ずっと分かってたんだよ、お前が偉大な音楽家になることを。こんなに小さい頃から、わたしはお前の未来を予言していたのだ」

 そしてわたしは彼を信じた。今はもう、わたしも別の世界の言葉を忘れてしまったから。

 

 

マダムとミスター (第1巻) (白泉社文庫)

マダムとミスター (第1巻) (白泉社文庫)

 

 

*1:遠藤淑子『マダムとミスター③』白泉社、1996年、61頁