ΕΚ ΤΟΥ ΜΗ ΟΝΤΟΣ

熱い自分語り

【歌詞和訳つき】『ブレードランナー 2049』と"One For My Baby (And One More For The Road)"

 名高き『ブレードランナー』を観たのは何年も前のこと、大学図書館でのことだった。そこまで悪くはなかったけれど、自分にとってあまり響く作品ではなかった。当時は革新的だった世界観も、多くのエピゴーネンに触れていた自分にとっては、単なる歴史的遺物にしか思えなかったし、何よりも、主人公のデッカードにまったく感情移入できなかった。同じリドリー・スコットなら、『エイリアン』の方がずっと好きだな。そう思って終わった気がする。だから、気鋭のヴィルヌーヴが『ブレードランナー』の続編を撮ると決まり、映画界隈SF界隈が賛否両論で大騒ぎしていたときも、俺はそれを他人事のように眺めていた。そして封が切られても、結局映画館には行かなかった。今になってそれを後悔している。
ブレードランナー 2049』について語りたいことは沢山あるけれども、とりあえず今は、この ”One for my baby” に巡り合わせてくれたことを感謝するにとどめよう。まさかブレードランナーを観に行って、シナトラを教わるとは思わなかった。

 

 この曲はもともと1943年の『青空に踊る』(The Sky's the Limit)というミュージカル映画のために書き下ろされたものらしい。主演はもちろんフレッド・アステア。スタンダード・ナンバーと呼ばれるものは、起源をたどると大体アステアにたどり着く、なんて言ったら大げさだろうか。
 この曲のお披露目はなかなか強烈で、アステアはマスターに愚痴りつつ、おもむろにカウンターに立って踊りだし、最後には店を破壊し始める。アステアが映画で演じるのは大体のところ踊れるDQN。なのでこの所業にも驚きはない。ただ、儚く悲しい歌詞と、アステアのパフォーマンスはあまり噛み合ってないようだった。まあ、この場合、悪いのはアステアではなく、監督とか方なのだが。とにかく、初のお披露目の時点では、この曲の真価は発揮されていなかったように思える。
 そして、この曲に不朽の価値を与えたのは、他でもない、シナトラだった。

 

 Kががジュークボックスに硬貨を入れる。シナトラが現れ、この曲を歌い、そしてレイチェルが映し出される。完璧なシーンだ。映画と曲とが、深く深く呼応している。でも、両者のどこが対応しているか、俺はなかなか見抜けなかった。この映画を最初観たとき、”One for my baby” の “I” はKのことだと思っていた。事件が進んでいく中で、最愛の「彼女」を喪う彼は、言うまでもなく、作中の誰よりも孤独だ。しかし、ここが重要なのだが、彼は畢竟は「ジョー」なのである。そう、”One for my baby” の “I” は、Kでなくデッカードのことなのだ。愛するレイチェルを喪い、愛する娘を失い、自暴自棄になって世を捨てたデッカードを、Kは懸命に導く。その関係性が、グダを巻く ”I” と、それに付き合う “Joe” に重ね合わされているのだ。そう、Kは結局 “Joe” に過ぎず、この曲の主人公ではない。そんな彼を、この映画は主人公に選んだ。だから、俺はこの映画が好きなんだ。

 

 

It's quarter to 3
Theres no one in the place
Except you and me
So set em' up, Joe
I got a little story
I think you should know
We're drinkin' my friends
To the end
Of a brief episode
Make it one for my baby
And one more for the road

 

I got the routine
Put another nickel
In the machine
Feelin' so bad
Can't you make the music
Easy and sad

 

I could tell you a lot
But you've gotta be
True to your code
Just make it one for my baby
And one more for the road

 

You'd never know it
But buddy I'm a kind of poet
And I've got a lot of things I'd like to say
And when I'm gloomy
Won't you listen to me
Till' its talked away?

 

Well, thats how it goes
And Joe I know you're gettin'
Anxious to close
And thanks for the cheer
I hope you didn't mind
My bending your ear
But this torch that I've found
It's gotta be drowned
Or it soon might explode
So make it one for my baby
And one more for the road

 

The long, it's so long...
The long, very long...

 

あと15分で3時か
誰もいなくなったな
俺とお前以外は
なあ おごれよ ジョー
ちょっと話があってさ
お前なら分かってくれると思うんだ
一緒に呑もうや 親友
長い話じゃないから
最後まで付き合ってくれ
一杯頼むよ あの娘のために
それから 家路のために もう一杯

 

何度も悪いけど
もう5セント
ジュークボックスに入れてくれ
気分は最悪だから
曲を選ぶときは
やさしくて悲しいやつにしてくれ

 

話は山ほどあるけどさ
くれぐれも
守秘義務は守ってくれよな
一杯頼むよ あの娘のために
それから 家路のために もう一杯

 

お前にゃ初耳だろうけど
でもな相棒 俺は詩人の端くれでさ
伝えたいことがたくさんあるんだ
俺が落ち込んでいるときは
耳を傾けてくれないか
全部吐き出してしまうまで

 

とまあ そういう訳だったのさ
ジョー 分かってるよ
もう店を閉めたいんだろ
励ましてくれてありがとう
悪かったな
話に付き合わせたりして
でも 俺の見つけた愛の焔は
消しといておかないと
今にも爆発しそうだったんだ
さあ 一杯頼むよ あの娘のために
それから 家路のために もう一杯

 

長い長い
家路のために

 

 


Frank Sinatra - One For My Baby (Live At Royal Festival Hall / 1962)

 

 

    

「ブレードランナー 2049」オリジナル・サウンドトラック

「ブレードランナー 2049」オリジナル・サウンドトラック

 

 

青空に踊る [DVD]

青空に踊る [DVD]