ΕΚ ΤΟΥ ΜΗ ΟΝΤΟΣ

熱い自分語り

【詩和訳】オディッセアス・エリティス『定位』より「記念日」

 現代ギリシアノーベル賞詩人オディッセアス・エリティス(1911-1996)の詩を訳してます。今回は処女詩集『定位(ΠΡΟΣΑΝΑΤΟΛΙΣΜΟΙ)』から「記念日(ΕΠΕΤΕΙΟΣ)」を訳してみました。

 Jeffrey CarsonとNikos Sarrisは、この作品を「もしかしたらエリティスの最初の偉大な詩かもしれない(Perhaps Elytis's first great poem)」と評しています*1。これ以前の詩も滅茶苦茶好きですが、彼らの評にも頷けるところはあります。これ以前の詩においてエリティスは、エリュアール等を通して摂取したシュルレアリスムの影響を強く受けています。それらの作品においてエリティスは、後の堂々たる作品の萌芽をそこここに覗かせつつも、畢竟は一人のシュルレアリストに過ぎなかったのかもしれません。しかしこの作品において、エリティスは遂にシュルレアリスムを自らの統御の許に置くことが出来たのではないでしょうか。この詩篇は、時折シュルレアリスティックな顔を効果的に覗かせつつも、全体的にはレスボスの抒情詩を彷彿とさせる、古典的な佇まいを見せています。ここにおいてエリティスは、エリュアールとブルトンの単なる追随者を脱し、超現実的な手法をもってギリシアの伝統を再生させる真の詩人となった、と言ったら過言でしょうかね。どうでっしゃろ。

 個人的には、そんな記念的な詩篇が「死」を主題にしているところも興味深いですね。特に、恐らくは一個人の死を主題としているところに。これが後の『アルバニア戦線で斃れた一少尉に捧ぐ英雄的な悲歌』を経て、『アクシオンエスティ』に至っては、戦争に伴う大量死が扱われるようになるんですよね。そこら辺の変遷も、きちっと辿れればなあと思います。

 にしてもまあ、これが二十代の作品だってんだから、天才ってのは凄いですな。ベルイマンも『野いちご』を三十代で撮ったし、芦奈野ひとしも『ヨコハマ買い出し紀行』の大半を三十代で描いたし、才能のある人間は若くして全人生を見渡せるんですかねえ。

 

 

ΕΠΕΤΕΙΟΣ

 

...even the wearist river
winds somewhere safe to sea!


Έφερα τη ζωή μου ως εδώ
Στο σημάδι ετούτο που παλεύει
Πάντα κοντά στη θάλασσα
Νιάτα στα βράχια επάνω, στήθος
Με στήθος προς τον άνεμο
Που να πηγαίνει ένας άνθρωπος
Που δεν είναι άλλο από άνθρωπος
Λογαριάζοντας με τις δροσιές τις πράσινες
Στιγμές του, με νερά τα οράματα
Της ακοής του, με φτερά τις τύψεις του
Α, Ζωή
Παιδιού που γίνεται άντρας
Πάντα κοντά στη θάλασσα όταν ο ήλιος
Τον μαθαίνει ν' ανασαίνει κατά κει που σβήνεται
Η σκιά ενός γλάρου.

Έφερα τη ζωή μου ως εδώ
Άσπρο μέτρημα μελανό άθροισμα
Λίγα δέντρα και λίγα
Βρεμένα χαλίκια
Δάχτυλα ελαφρά για να χαϊδέψουν ένα μέτωπο
Ποιο μέτωπο
Κλάψαν όλη τη νύχτα οι προσδοκίες και δεν είναι πια
Κανείς δεν είναι
Ν' ακουστεί ένα βήμα ελεύθερο
Ν' ανατείλει μια φωνή ξεκούραστη
Στο μουράγιο οι πρύμνες να παφλάσουν γράφοντας
Όνομα πιο γλαυκό μες στον ορίζοντά τους
Λίγα χρόνια λίγα κύματα
Κωπηλασία ευαίσθητη
Στους όρμους γύρω απ' την αγάπη.

Έφερα τη ζωή μου ως εδώ
Χαρακιά πικρή στην άμμο που θα σβήσει
- Όποιος είδε δυο μάτια ν' αγγίζουν τη σιωπή του
Κι έσμιξε τη λιακάδα τους κλείνοντας χίλιους κόσμους
Ας θυμίσει το αίμα του στους άλλους ήλιους
Πιο κοντά στο φως
Υπάρχει ένα χαμόγελο που πληρώνει τη φλόγα -
Μα εδώ στο ανήξερο τοπίο που χάνεται
Σε μια θάλασσα ανοιχτή κι ανέλεη
Μαδά η επιτυχία
Στρόβιλοι φτερών
Και στιγμών που δέθηκαν στο χώμα
Χώμα σκληρό κάτω από τ' ανυπόμονα
Πέλματα, χώμα καμωμένο για ίλιγγο
Ηφαίστειο νεκρό.

Έφερα τη ζωή μου ως εδώ
Πέτρα ταμένη στο υγρό στοιχείο
Πιο πέρα απ' τα νησιά
Πιο χαμηλά απ' το κύμα
Γειτονιά στις άγκυρες
- Όταν περνάν καρίνες σκίζοντας με πάθος
Ένα καινούριο εμπόδιο και το νικάνε
Και μ' όλα τα δελφίνια της αυγάζ' η ελπίδα
Κέρδος του ήλιου σε μι' ανθρώπινη καρδιά -
Τα δίχτυα της αμφιβολίας τραβάνε
Μια μορφή από αλάτι
Λαξεμένη με κόπο
Αδιάφορη άσπρη
Που γυρνάει προς το πέλαγος τα κενά των ματιών της
Στηρίζοντας το άπειρο.

 

記念日


...even the wearist river
winds somewhere safe to sea!


我が人生をここまで運んだ
とこしえに その海の辺で
闘いつづけるこの地点まで
若さは岩の上に立ち 胸は
胸をつれ風に向かう
そこは人の行くべきところ
人の中の人たる者の
露をもって己が一瞬の
みどりを数え、水をもって己の聞いた
幻影を、翼をもって己が悔恨を数える者の
ああ 人生
大人になる子の人生よ
とこしえに その海の辺で 太陽が
呼吸の仕方を授ける時に
鴎の影の
消えるところで。

我が人生をここまで運んだ
白い計算 黒い合計
わずかな木々と わずかな
濡れた小石
やさしい指は額を撫でるため
どの額を?
待望は夜通し泣いたが もはやなく
誰もいない
自由な足取りが聞こえるだろうか
快活な声が挙がるだろうか
波止場で船尾は音をたてて揺れ さらに
青い名を己が水平線に記すのだろうか
わずかな歳月 わずかな波
敏感な漕法
入り江の中 愛を囲んで。

我が人生をここまで運んだ
砂に苦みを刻んでも いずれは消えゆく
――双眸が己の沈黙に触れるを見
その陽射しと交わり 千の世界を閉じる者は
己が血を別の太陽に想起させよ
光のもっと近くに
存する微笑 焔を支払う――
だが ここで 開けた無慈悲な海の中
消えゆく無知な地平において
成就は換羽した
羽根と聖痕の
巻き起こす旋風 土に結ばれ
硬い土は性急な足の下に
作られた土は眩暈のために
死火山のために。

我が人生をここまで運んだ
濡れた元素を奉ずる石
島々より遠く
波よりも低く
錨の近隣
――竜骨が過ぎり 情熱をもって
新たな障碍を破り それに打ち克つ時
そして己が全てのイルカをつれて 希望が
人の心の内なる太陽の報酬を照らす時――
疑いの網は塩の像を引き上げる
労苦して彫られた
冷淡な白い像は
海に己の虚ろな眼を向け
無限を支える。

 

【文献表】

・テクスト
Οδυσσέας Ελύτης, ΠΟΙΗΣΗ, Ίκαρος, 2015.

・翻訳
The Collected Poems of Odysseus Elytis, tr. by Jeffrey Carson and Nikos Sarris, Johns Hopkins University Press, 1997.
Odysseus Elytis: Selected Poems 1940-1979, tr. by Edmund Keeley et al., Anvil Press Poetry, 2005.
『オディッセアス・エリティス詩集』東千尋編訳、土曜美術社出版販売、2015年。

・辞書・文法書
William Crighton, ΜΕΓΑ ΕΛΛΗΝΟ-ΑΓΓΛΙΚΟΝ ΛΕΞΙΚΟΝ, Ελευθερουδάκης, 1960(WC).
D. N. Stavropoulos, Oxford Greek-English Learner's Dictionary, Oxford Univ Press, 2009(Oxon).
Henry George Liddell and Robert Scott, A Greek-English Lexicon, Clarendon Press, 1996(LS).
関本至『現代ギリシア語文法』泉屋書店、1968年(関本)。
川原拓雄『現代ギリシア語辞典』リーベル出版, 2004年(川原)。

 

【こんな風に読んでるけど大丈夫っすかねのコーナー】

ΕΠΕΤΕΙΟΣ:「記念日」という表題ですが、詩篇の内容から推察するに「命日」のことなんでしょうね。

...even the wearist river/winds somewhere safe to sea!:英国の詩人アルジャーノン・チャールズ・スウィンバーン(1837-1909)の「プロセルピナの庭(The Garden of Proserpine)」からの引用だそうで。「……いかに疲れた河でさえ/逍遥の果てにいずこかの安けき海へ流れ込む!」みたいな感じですかね(自信ないっス)。どんな人生を送っても、最後には死へと行きつくことを示唆しようとしたんですかねえ。

Έφερα τη ζωή μου ως εδώ:既存の邦訳では意訳されてることが多いですが、ここでは直訳しました。川原によればφέρωという動詞には「になう」とか「かつぐ」とか「背負う」とかいう意味があるそうで。人生という重い荷物を、背負ったり肩に担いだりしながら、えっちらおっちら運んでる感じでしょうか。

Στο σημάδι ετούτο που παλεύει:παλεύειは現在形ですが、ここでは現在進行形っぽく訳してみました。たぶん大丈夫だと思うけどなあ。

Που δεν είναι άλλο από άνθρωπος:άλλο απόは英語でいうnothing butに相当するそうで。「人以外の何ものでもない人」ってことですね。ここでは「人の中の人」と訳しときました。

Παιδιού που γίνεται άντρας / Πάντα κοντά στη θάλασσα όταν ο ήλιος / Τον μαθαίνει ν' ανασαίνει κατά κει που σβήνεται / Η σκιά ενός γλάρου.:Πάνταからγλάρουまでの部分はすべてΠαιδιού που γίνεται άντραςの動詞にかかります。子供が大人になるのはどんな時、どんな場所なのか後ろに付けたしながら説明してる感じですね。最初は後ろからかえって訳そうかと思ったのですが、結局は可能な限り原文の順番を保持するかたちになりました。その分ちょっと分かりにくいかもですけど、勘弁勘弁。

Κανείς δεν είναι:最初はこれもοι προσδοκίεςを主語とするのかなあと思ったのですが、たぶんこの一節の場合はείναιの主語はΚανείでThere is no oneってことを言ってるんだととりました。英訳でもそうなってますし。

Στο μουράγιο οι πρύμνες να παφλάσουν γράφοντας / Όνομα πιο γλαυκό μες στον ορίζοντά τους:邦訳だとここは単なる平叙文っぽく訳されてましたけど、多分ここも前の二行のように懐疑の接続法の文なんじゃねえかなと思ってそう訳しました。

Χαρακιά πικρή στην άμμο που θα σβήσει:直訳すると「消えるであろう(時制が未来)砂の上の苦い刻み目」みたいな感じ。もうちっとかっちょよく訳してみました。

Ας θυμίσει το αίμα του στους άλλους ήλιους:ここの動詞は希求法。勧告とか命令で訳しました(関本§190)。

Ηφαίστειο νεκρό.Carson & Sarrisの訳では、このΗφαίστειο νεκρόを前の行のγιαにつながるものとして訳してます。対してKeeleyらの訳は、この行を独立したものとして訳してます。ここでは前者に依って訳しました。

Και μ' όλα τα δελφίνια της αυγάζ' η ελπίδα:αυγάζ'が現代ギリシア語の辞書を引っくり返しても見つかんなかったんでこりゃアカンと思ったのですが、もしやと思ってLSを引いたらありました。お前さあ、マジでさあ。ここではillumineの意で訳しました。

Που γυρνάει προς το πέλαγος τα κενά των ματιών της:τα κενά των ματιών τηςを自分は「己の空虚な眼」と訳しましたが、東訳の「眼の空洞」の方がエリティスの真意なんじゃないかとも思ったり。

 

 

オディッセアス・エリティス詩集

オディッセアス・エリティス詩集

 

 

現代ギリシア詩集

現代ギリシア詩集

 

*1:The Collected Poems of Odysseus Elytis, tr. by Jeffrey Carson and Nikos Sarris, Johns Hopkins University Press, 1997, p.18