ΕΚ ΤΟΥ ΜΗ ΟΝΤΟΣ

熱い自分語り

【詩和訳】オディッセアス・エリティス『定位』より「第五の季節に面した窓」

 現代ギリシアノーベル賞詩人オディッセアス・エリティス(1911-1996)の詩を訳してます。今回は処女詩集『定位(ΠΡΟΣΑΝΑΤΟΛΙΣΜΟΙ)』から「第五の季節に面した窓(ΠΑΡΑΘΥΡΑ ΠΡΟΣ ΤΗΝ ΠΕΜΠΤΗ ΕΠΟΧΗ)」を訳してみました。アンドレ・ブルトンの『溶ける魚』やジュリアン・グラックの『大いなる自由』などを彷彿とさせる、シュルレアリスムの色彩の濃い典雅な散文詩です。恐らく自動記述の手法で書かれたためでしょう、自由な観念の自由な結びつきの祭典のような内容で、なのに、海や自然への賛美がそこはかとなく滲み出ています。まさしく、シュルレアリスムギリシアとの幸福な婚姻の産物と言えるでしょう。訳文からも伺えるでしょうか、たいへん難解な詩で、分量も相まって訳し終えるのに12日もかかりました(まあ最大の戦犯は労働なのですが)。しかし、テキストと格闘している間、本当に満たされた気持ちでありました。美しい詩は、その美しさだけですべてを救うのだと、改めて実感しましたねえ。この詩は訳し終えてしまいましたが、エリティスの全詩集にはまだまだまだまだ膨大な傑作が残されています。素晴らしい。

 

 

ΠΑΡΑΘΥΡΑ ΠΡΟΣ ΤΗΝ ΠΕΜΠΤΗ ΕΠΟΧΗ

I

Ξέρεις την κόμη που έγραψε τον άνεμο; Τις ματιές που παραλληλίσανε το χρόνο; Τη σιωπή που ένιωσε τον εαυτό της;

Αλλά είσαι εσύ μια νυχτερινή επινόηση που αρέσκεται στις βροχερές εκμυστηρεύσεις. Που αρέσκεται στο τριίστιο ξάνοιγμα του πόντου. Είσαι μια περίπτωση ακατόρθωτη που όταν ναυαγήσει βασιλεύει. Μια φανταχτερή καταστροφή είσαι...

Α! Θέλω να' ρθουν τα στοιχεία που ξέρουν ν' αρπάζουν. Η μέση των συλλογισμών μου θα ευφράνει την καμπύλη τους διάθεση. Όταν ανέβουν μεγαλώνοντας τα δαχτυλίδια ο ξαφνικός ουρανός θα πάρει το χρώμα της προτελευταίας μου αμαρτίας

Ενώ η τελευταία θα γοητεύεται ακόμη από τα μοναχικά τούτα λόγια!

II

Ένα ποδοβολητό τελειώνει στην άκρη της ακοής. Μια σουρωμένη καταιγίδα χιμάει μες στο νεανικό στήθος που σπαταλάει την ανεξήγητη φεγγοβολή του.
Η επιθυμία έχει μια πολύ ψηλή κορμοστασιά και στις παλάμες της καίει η απουσία.
Η επιθυμία γεννάει το δρόμο της όπου θέλει να περπατήσει. Φεύγει...

Κι ένας λαός από χέρια προς εκείνη ανάβει θαυμασμού παρανάλωμα!

III

Τι όμορφη! Έχει πάρει τη μορφή της σκέψης που την αισθάνεται όταν αυτή αισθάνεται πως της είναι αφιερωμένη...

IV

Στ' αμπέλια που δεν έχουνε ηλικία κρύφτηκαν οι καλοκαιρινές μου εγκαταλείψεις. Ένας κυματισμός ονείρου τραβήχτηκε τ' άφησε κει δε ρώτησε. Στα κουφά δίχτυα τους το βόμβο στριφογύρισαν σμήνη μέλισσες. Τα στόματα μοιάσανε στα χρώματα φύγαν μέσ' από τ' άνθη. Τα νερά πολύ πρωινά σταμάτησαν τη μιλιά τους νυχτερινή κι άθικτη.

Είναι για να μην ξέρεις πια τίποτε.

Κι όμως πίσω από τ' αγνοημένο αυτό βουναλάκι υπάρχει ένα συναίσθημα. Δεν έχει δάκρυα ούτε συνείδηση.

Δε φεύγει δεν επιστρέφει.

V

Ένα δίχτυ αόρατο συγκρατεί τον ήχο που αποκοίμισε πολλές αλήθειες. Ανάμεσα στα πορτοκάλια του δειλινού της γλιστρά η αμφιβολία. Φυσάει το αμέριμνο στόμα. Η γιορτή του κάνει να λάμπουν οι επιθυμητές επιφάνειες. Μπορεί να πιστέψει κανείς ως και τον εαυτό του. Να νιώσει την παρουσία της ηδονής ως μες στις κόρες των ματιών του.

Των ματιών του που ρέουνε από την πλάτη του έρωτα. Και βρίσκουνε την παρθενική τους ασέλγεια μέσα στη διάφανη δροσιά της πιο νυχτερινής χλόης μου.

VI

Ένα ζαρκάδι τρέχει την κορυφογραμμή. Κι εσύ δεν ξέρεις τίποτε γι' αυτό είναι τόσο καθαρό το διάστημα. Κι αν μάθεις ποτέ η βροχή που θα σε κατακλύσει λυπητερή θα είναι.

Φεύγα ζαρκάδι! Πόθε κοντά στη λύτρωσή σου φεύγα ζωή σαν κορυφογραμμή.

VII

Παραμύθια γαλουχήσανε τη βλάστηση της ηλικίας αυτής που ανεβάζει τις νεραντζιές και τις λεμονιές ως την έκπληξη των ματιών μου. Τι θα ήταν η ευτυχία με το ακατόρθωτο σώμα της αν είχε μπερδευτεί μες στις ερωτοτροπίες των χλωρών αυτών εκμυστηρεύσεων; Δυο χέρια περιμένουνε. Στον αγκώνα τους στηρίζεται ολόκληρη γη. Στην αναμονή τους ολόκληρη ποίηση. Πίσω απ' το λόφο υπάρχει το μονοπάτι που χάραξε η φρέσκια περπατηξιά της διάφανης εκείνης κόρης. Είχε φύγει μέσ' από το πρωί των ματιών μου (καθώς τα βλέφαρα είχανε κάνει το χατίρι του ήλιου τους) είχε κρυφτεί πίσω απ' τον ίσκιο της επιθυμίας μου - κι όταν μια θέληση πήγε να την κάνει δική της αυτή χάθηκε φυσημένη από στοργικούς ανέμους που η προστασία τους ήτανε φωτεινή. Το μονοπάτι αγάπησε το λόφο κι αυτός πια ξέρει καλά το μυστικό.

Έλα λοιπόν αλαργινή εξαφάνιση! Τίποτε άλλο δεν ποθούν περισσότερο οι αγκαλιές των κήπων. Στην αφή της παλάμης σου θ' αναγαλλιάσουν οι καρποί που τώρα μετεωρίζονται άσκοποι. Στο διάφανο στήριγμα της κορμοστασιάς σου τα δέντρα θα βρουν τη μακροχρόνια εκπλήρωση των ψιθυρισμένων τους απομονώσεων. Στην πρώτη σου ξεγνοιασιά θ' αυξήσουν τα χορτάρια σαν ελπίδες. Η παρουσία σου θα δροσίσει τη δροσιά.

Τότε θ' ανοίξεις μέσα μου τα ριπίδια των συναισθημάτων. Δάκρυα συνειδήσεων πολύτιμες πέτρες επιστροφές κι απουσίες. Κι ενώ θα τρέχει ο ουρανός κάτω απ' τις γέφυρες των πλεγμένων χεριών μας ενώ οι πιο πολύτιμοι κάλυκες θα ταιριάζουνε στα μάγουλά μας θα δώσουμε το σχήμα του έρωτα που λείπει από τις οράσεις αυτές

Τότε θα δώσουμε

Στη λειτουργία των δυσκολότερων ονείρων μια σίγουρη παλινόρθωση!

 

第五の季節に面した窓

I

風を記した髪を知ってる? 時に比すべき一瞥は? 汝自身を知る沈黙は?

でも、きみは夜の造りしもの。雨の吐露した秘密に喜び、三本マストの海の開かれに喜ぶ。きみは未到の事例。難破の時にこそ君臨するという。派手しい破滅、それがきみだ……。

ああ! わたしは四元に来てほしい、奪い去るすべを知る四元に。わたしの思惟の片割れは、湾曲したその配置を喜ばすだろう。指を掲げて伸ばすとき、唐突な空は奪うだろう、最後から数えて二番目のわたしの罪の色彩を、

最後の罪が未だ孤独なこれらの言葉に夢中な間に!

II

足音が止むのは聴覚の果て。濾過された嵐が飛び込むは、己が不可視の輝きを徒につかう若い胸の中。
欲望はかくも背が高く、その手のひらで不在は焼ける。
欲望は己が道を産み、その上を歩くことを欲する。去りゆく……。

して、民は、両手を離れかしこへと向かい、驚異への供物に火をつける!

III

何という美しさ! 彼女は想いのかたちを奪った。それが彼女に気付いたのは、己へのその献身に彼女が気付いたときだった……。

IV

年齢のない葡萄畑にその身を隠した、夏のわたしの諦め。夢の波が引き、そこに残され、でも、なにも訊かなかった。耳の聞こえぬその網の中、羽音を蜂の群れはくるりと回した。くちびるは色に似て、花の中から立ち去った。早朝の水はその夜の、触れられぬ話を止めた。

きみがもう、なにも知ることがないように。

だが、知られざるこの丘の背後に、或る感情が存在する。涙もなく、良心もなく。

去りゆきもせず、戻りもせずに。

V

不可視の網が音を抑える。幾多の真理を眠りへと誘った音を。その黄昏のオレンジの中、ためらいは滑る。のんきな口が息を吹く。その祝祭が輝かせるは蠱惑的なおもて。人は自らをも信じうる。理解しうるのだ、悦びの現前を、その眼差しの乙女らの最中にあってさえ。

その眼差し、愛の背から流れ出て。そして見出すのだ、己が貞潔な色欲を、夜の深奥の我が新緑に降りた透明な露の内に。

VI

獐鹿が分水嶺を走らせる。そして、きみは何も知らなくて、だから宇宙はこんなにも澄み渡っているんだ。そして、もし学んだことがあるのなら、きみを溢れさす雨は愁いを帯びるだろう。

逃れよ、獐鹿! あこがれよ、汝の救いの傍に寄り、生から逃れよ、分水嶺のように。

VII

お伽噺は歳月の芽吹きに乳を飲ませた。芽吹きは橙と檸檬の木を我が眼の驚嘆の高さまで持ち上げた。己が未到の肢体を伴う至福はどうなっていただろう、もし瑞々しいこれらの秘密の浮気に絡められていたなら。両腕は期待している。その肘に全地が凭れる。その期待に全詩が凭れる。丘の後ろに小路がある。その路を刻んだのは、透き通ったあの乙女子の爽やかな足取り。彼女は我が眼の朝から去った(瞼が己の太陽に善を為していた間のこと)彼女は我が欲望の影に隠れた――そして或る意志は、自分を我が物にすべく歩み出したが、やさしい風に吹かれて消えてしまった。その風の庇護は明るかった。小路は丘を愛した。そして丘はもう、奥義のことを知り尽くしている。

来たれ、遥かなる絶滅よ! これ以上なにも望むまい、庭園たちの抱擁は。きみの手のひらの手触りの中、いまや無意味に浮遊する果実は狂喜するだろう。きみの体躯の透明な支柱の中、木々は見出すだろう、ささやきを聴くそれらの孤独の長年に渡る遂行を。最初のきみの気楽さの中、草は伸びるだろう、希望のように。きみの現前は露を濡らすだろう。

そのとき、きみはわたしの中で感情の扇を開くだろう。良心の涙、幾つかの貴石、帰還と、それから不在と。そして、天が我らの握られた手の橋の下を駆け抜ける間に、極めて貴い花の萼が我らの頬と調和する間に、我らは授けるだろう、これらの眺めに欠けている愛のかたちを、

そのとき、我らは授けるだろう、

最も難解な夢の典礼に、盤石なる復位を!

 

 

【文献表】

・テクスト
Οδυσσέας Ελύτης, ΠΟΙΗΣΗ, Ίκαρος, 2015.
http://www.elytis.edicypages.com/

・翻訳
The Collected Poems of Odysseus Elytis, tr. by Jeffrey Carson and Nikos Sarris, Johns Hopkins University Press, 1997.

・辞書と参考図書類
William Crighton, ΜΕΓΑ ΕΛΛΗΝΟ-ΑΓΓΛΙΚΟΝ ΛΕΞΙΚΟΝ, ΕΛΕΥΘΕΡΟΥΔΑΚΗΣ, 1960(WC).
D. N. Stavropoulos, Oxford Greek-English Learner's Dictionary, Oxford Univ Press, 2009(Oxon).
関本至『現代ギリシア語文法』泉屋書店、1968年(関本)。
川原拓雄『現代ギリシア語辞典』リーベル出版, 2004年(川原)。

 

 

【こんな風に読んでるけど大丈夫っすかねのコーナー】

Ξέρεις την κόμη που έγραψε τον άνεμο;:髪の毛が風を記す、という表現が極めて鮮やかで美しい。風は眼には見えないけれども、長い髪が風に吹かれて舞うと、それで風のかたちが分かる、ということなんだろう。面白いのが、この光景を表すのに、エリティスが「記した(έγραψε)」という動詞を使っているところ。このγράφωという動詞は文字を書く、ということを表すもの。絵を描く、とかでなく、言葉を書く、という表現を選んでいるところに、若き詩人の矜持が垣間見えるような気がする。たぶん。

Τη σιωπή που ένιωσε τον εαυτό της;:τον εαυτό τηςは三人称の再帰を表すので、直訳すると「彼女自身を知ってる沈黙」となるだろう(彼女、ってなってるのは、σιωπήが女性名詞だから)。ただ、この表現を使った際、詩人の脳裏には確実に「汝自身を知れ(γνώθι σαυτόν)」というアポロンの碑文があったはずなので、ここでは二人称で訳してみた。そっちの方がカッチョいいし!

Αλλά είσαι εσύ μια νυχτερινή επινόηση:επινόησηという名詞はWCによるとinventionとかdeviceとかfabricationとか、そんな感じの意味。「造りしもの」という訳語を選んだのは、あれです。ジェットアローンが好きだからです。でもジェットジャガーはもっと好き。好きっていうか人生。ゴジラジャガーでパンチパンチパンチ!(パンチパンチパンチ!)なーーくなーーーーーーぼくーーらもーーーーがーーんーーーーばーろーおーーーーーーーーーーーーーーーー。

Έχει πάρει τη μορφή της σκέψης που την αισθάνεται όταν αυτή αισθάνεται πως της είναι αφιερωμένη...:おっそろしく日本語になりにくい文章。訳文も中一の和文英訳みたいになってて恥ずかしい限り。頭から説明すると、まず「彼女が想いのかたちを奪った」ということが現在完了で述べられている。そして、その「想いのかたち(τη μορφή της σκέψης)」を先行詞にする関係詞が続く。次にくるのがτην αισθάνεταιで、この関係詞節では前述の関係詞は主格、その想いのかたちが彼女に気付いた、ということが述べられる。そしてόταν、つまりwhenで始まる時の副詞節が続く(伊藤和夫のいう親子孫の構造っすね)。その時の副詞節の中で、彼女は気付いた、何に気付いたかというと、それ、つまり想いのかたちが自分に身を捧げたことに気付いたんですよ、ってことが述べられる。ひえー。

Ένας κυματισμός ονείρου τραβήχτηκε τ' άφησε κει δε ρώτησε.:等位接続詞なしに三つのSVがバンバンバンと続いてる。最後に「でも」と入れたのは自分の判断だが、果たしてここが本当に逆説を表しているかどうかは怪しいところ。

Κι όμως πίσω από τ' αγνοημένο αυτό βουναλάκι υπάρχει ένα συναίσθημα. Δεν έχει δάκρυα ούτε συνείδηση. / Δε φεύγει δεν επιστρέφει.:「だが、知られざるこの丘の背後に、或る感情が存在する。涙もなく、良心もなく。/去りゆきもせず、戻りもせずに」と訳した。今日読み返して気付いたが、ここが実は最終スタンザの伏線となっている。気付いたときは鳥肌立った。詳細は後述。

Των ματιών του που ρέουνε από την πλάτη του έρωτα.:直訳すると「愛の背から流れ出たその眼差し」とでもなるだろうが、ここでは関係代名詞を非制限用法っぽく解釈し「その眼差し、愛の背から流れ出て」とした。ちょいと気障かなあと思ったが、エリティスはダンディズムの権化なのでこれくらいがちょうどいいかね。

Τι θα ήταν η ευτυχία με το ακατόρθωτο σώμα της αν είχε μπερδευτεί μες στις ερωτοτροπίες των χλωρών αυτών εκμυστηρεύσεων;:ανの後に過去完了が来てるので、英語の仮定法過去完了みたく、過去の事実と反対のことを表現している。つまり、至福は実際は浮気に絡められはしなかったということっすね。

καθώς τα βλέφαρα είχανε κάνει το χατίρι του ήλιου τους:είχανε κάνει το χατίριは英語に直訳するとit had done a favourとでもなるでしょうかね。「善を行う」って訳しました。大丈夫よね?

Η παρουσία σου θα δροσίσει τη δροσιά.:動詞のδροσίζωは「①濡らす ②冷やす」、目的語のδροσιάは「①露 ②涼しさ」と、それぞれ二種類の意味を有している。組み合わせは四つ。ただ、同じ語根の単語を連続させていることから、恐らくは同語反復を目論んでいると推察される。なので、「露を濡らす」か「涼しさを冷やす」かの二択になる。Carson & Sarrisの訳では後者をとっているが(cool the coolness)、自分は前者をとった。ここまできたら単なる好みの問題だとは思うけど、なんせ相手はプロなので、自分が何か見落としているかもしれない。

Τότε θ' ανοίξεις μέσα μου τα ριπίδια των συναισθημάτων. Δάκρυα συνειδήσεων πολύτιμες πέτρες επιστροφές κι απουσίες.:「そのとき、きみはわたしの中で感情の扇を開くだろう。良心の涙、数多の宝石、帰還と、それから不在と」と訳した。Κι όμως......のところの伏線が、ここで回収されている。つまり、第IVスタンザでは、感情は涙も良心も持たないということが述べられていた。しかし、「きみ」が感情の扇を開くと、良心の涙がそこに生まれるのだ。さらに、第IVスタンザでは「Δε φεύγει δεν επιστρέφει(去ることも戻ることもない)」と述べられていたが、ここでは「επιστροφές κι απουσίες(帰還と不在)」と記されている。επιστρέφειとεπιστροφέςの対応は一目瞭然。だが、φεύγει(逃げる、去る)という動詞にその名詞形のφυγήでなく、απουσίες(不在)を対応させているところがニクい。そうよね、去って行ったら、不在が残るよね。すてき。

余談だけど、「επιστροφές κι απουσίες」の訳として「帰還と、それから不在と」っていうのがパッと浮かんだんだけど、よく考えたらこれはたぶん尾形亀之助の「明るい夜」の中の「 煙草と/あついお茶と」という一節の影響で出た訳文なんだと思う*1尾形亀之助すっきゃねん。同郷だし。

ενώ θα τρέχει ο ουρανός κάτω απ' τις γέφυρες των πλεγμένων χεριών μας:わたしたち二人が手をつないでて、それが橋のようになっている。その下を天空が潜る、という情景。つまり「わたしたち」は地面を頭に、空を下にして、手を繋いでいるということですかね。まるでマグリットのような夢幻的な光景!

 

【おまけ】

ネイティブによるクッソ最高な朗読。最高!


ΠΑΡΑΘΥΡΑ ΠΡΟΣ ΤΗΝ ΠΕΜΠΤΗ ΕΠΟΧΗ του Οδυσσέα Ελύτη

 

 

オディッセアス・エリティス詩集

オディッセアス・エリティス詩集

 

 

現代ギリシア詩集

現代ギリシア詩集