読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ΕΚ ΤΟΥ ΜΗ ΟΝΤΟΣ

熱い自分語り

【詩和訳】オディッセアス・エリティス『定位』より「七連七行夜想曲」

 現代ギリシアノーベル賞詩人オディッセアス・エリティス(1911-1996)の詩を訳してます。今回は処女詩集『定位(ΠΡΟΣΑΝΑΤΟΛΙΣΜΟΙ)』から「七連七行夜想曲(ΕΠΤΑ ΝΥΧΤΕΡΙΝΑ ΕΠΤΑΣΤΙΧΑ)」を訳してみました。その名の通り、七行からなる七つのスタンザから構成された作品で、これまたその名の通り、音楽的な官能に満ちた佳品です。自分としては、VI連がなかなかうまく訳せたんじゃないかと思います。逆に、IV連とVII連はちょいと自信がありません。詩を訳すって面白いけど難しいっス、ほんとに。

 

 

ΕΠΤΑ ΝΥΧΤΕΡΙΝΑ ΕΠΤΑΣΤΙΧΑ

Ι

Όνειρα κι όνειρα ήρθανε
Στα γενέθλια των γιασεμιών
Νύχτες και νύχτες στις λευκές
Αϋπνίες των κύκνων

Η δροσιά γεννιέται μες στα φύλλα
Όπως μες στον απέραντο ουρανό
Το ξάστερο συναίσθημα.

II

Ευνοϊκές αστροφεγγιές έφεραν τη σιωπή
Και πίσω απ' τη σιωπή μια μελωδία παρείσαχτη
Ερωμένη
Αλλοτινών ήχων γόησσα

Μένει τώρα ο ίσκιος που ατονεί
Και η ραϊσμένη εμπιστοσύνη του
Και η αθεράπευτη σκοτοδίνη του - εκεί.

III

Όλα τα κυπαρίσσια δείχνουνε μεσάνυχτα
Όλα τα δάχτυλα
Σιωπή

Έξω από τ' ανοιχτό παράθυρο του ονείρου
Σιγά σιγά ξετυλίγεται
Η εξομολόγηση
Και σαν θωριά λοξοδρομάει προς τ' άστρα!

IV

Ένας ώμος ολόγυμνος
Σαν αλήθεια
Πληρώνει την ακρίβεια του
Στην άκρια τούτη της βραδιάς
Που φέγγει ολομόναχη
Κάτω απ' τη μυστικιά ημισέληνο
Της νοσταλγίας μου.

V

Την αφρούρητη νυχτιά πήρανε θύμησες
Μαβιές
Κόκκινες
Κίτρινες

Τ' ανοιχτά μπράτσα της γεμίσανε ύπνο
Τα ξεκούραστα μαλλιά της άνεμο
Τα μάτια της σιωπή.

VI

Ανεξιχνίαστη νύχτα πίκρα δίχως άκρη
Βλέφαρο ανύσταχτο
Πριν βρει αναφιλητό καίγεται ο πόνος
Πριν ζυγιαστεί γέρνει ο χαμός

Καρτέρι μελλοθάνατο
Σαν ο συλλογισμός από τον μάταιο μαίανδρο
Στην ποδιά της μοίρας του συντρίβεται.

VII

Το διάδημα του φεγγαριού στο μέτωπο της νύχτας
 Όταν μοιράζονται οι σκιές την επιφάνεια
Της δράσης

Κι ο πόνος μετρημένος από εξασκημένο αυτί
Ακούσιος καταρρέει
Μες στην ιδέα που αχρηστεύεται απ' το μελαγχολικό
Σιωπητήριο.

 

七連七行夜想曲

I

夢と夢とが姿をみせた
ジャスミンたちの誕生日に
夜と夜とは純白の
白鳥たちの不眠に

露が生まれる 花びらに
まるで果てしない天空に
澄んだ感情が生まれるように。

II

幸運の星灯りは沈黙を運んだ
沈黙の蔭に割り込む旋律
いとしいひと
過ぎ去りし音の魔女

いまは留まる 薄れゆく影
そのひび割れた信頼も
その不治の眩暈も――かしこに。

III

すべての糸杉は真夜中を指さす
すべての指は
沈黙を

開かれた夢の窓の外
ゆっくりと解かれる
告白は
容貌のように進路を変える 星々へ!

IV

露わな肩が
真理のように
その精緻さを支払う
この宵の果てに
それは孤独に輝く
わたしの郷愁の
秘密の半月の許で。

V

無防備な夜を記憶が奪った
紺青



広げたその腕は眠りに満ちた
休まった髪は吹く風に
眼は沈黙に。

VI

謎めいた夜 始まりなき苦み
瞼は眠りを欲しない
嗚咽に出会う前に苦しみは燃え
衡平を保つ前に喪失は傾く

臨終の伏兵は
空虚な湾曲から導かれる思考のように
その運命の前掛けにおいて砕かれる。

VII

月の宝冠を夜の額に
影が視界の
おもてを分かち合う時に

熟達した耳により測定された苦しみは
思わず知らず崩れ落ち
理念の中で無効とされる 哀愁の
消灯喇叭によって。

 

 

【文献表】

・テクスト

Οδυσσέας Ελύτης, ΠΟΙΗΣΗ, Ίκαρος, 2015.

http://www.elytis.edicypages.com/

 

・翻訳

The Collected Poems of Odysseus Elytis, tr. by Jeffrey Carson and Nikos Sarris, Johns Hopkins University Press, 1997.
Odysseus Elytis: Selected Poems 1940-1979, tr. by Edmund Keeley et al., Anvil Press Poetry, 2005.
『オディッセアス・エリティス詩集』東千尋編訳、土曜美術社出版販売、2015年。
山川偉也「オデュッセアス・エリティス『アクシオン・エスティ』第一部「創世記」 : 翻訳・解題・詩句注釈」、『桃山学院大学人間科学』(桃山学院大学)創刊号、1990年、103-139頁。

 

・辞書と参考図書類

William Crighton, ΜΕΓΑ ΕΛΛΗΝΟ-ΑΓΓΛΙΚΟΝ ΛΕΞΙΚΟΝ, ΕΛΕΥΘΕΡΟΥΔΑΚΗΣ, 1960(WC).
D. N. Stavropoulos, Oxford Greek-English Learner's Dictionary, Oxford Univ Press, 2009(Oxon).
関本至『現代ギリシア語文法』泉屋書店、1968年(関本)。
川原拓雄『現代ギリシア語辞典』リーベル出版, 2004年(川原)。

 

【こんな風に読んでるけど大丈夫っすかねのコーナー】

ΕΠΤΑ ΝΥΧΤΕΡΙΝΑ ΕΠΤΑΣΤΙΧΑ:直訳すると「七つの、七つの行からなる夜想曲」みたいな感じ。ここでは山川偉也先生の訳「七連七行夜想曲*1をもらった。

Το ξάστερο συναίσθημα:2行上に出たγεννιέταが省略されている。省略された語は可能な限り省略されたままにしておくのが原則だが、ここでは補わないと流石に意味が通りにくい。

γόησσα:「魔女」と訳したが「魔性の女」でも良かったかもしれない。

Όλα τα δάχτυλα / Σιωπή:ここでも先に出たδείχνουνεが省略されてるが、今回の場合は補わなくても意味が通ると判断したのでそのままにした。

Η εξομολόγηση:以前訳した「不在の気候(ΚΛΙΜΑ ΤΗΣ ΑΠΟΥΣΙΑΣ)」では動詞εξομολογήθηκανを「告解した」と訳した。だが、今回の場合は、キリスト教的な罪の告解よりも広い意味を持っていると解し、「告白」とした。原文では、直前のξετυλίγεταιも後ろのλοξοδρομάειも同じくΗ εξομολόγησηを主語とする動詞であるが、訳文ではそれをそのまま反映させるのは難しかったため、前者を修飾語的に訳した。

Ένας ώμος ολόγυμνος:ολόγυμνοςは「裸の」という感じの意味の形容詞。肩が裸なので「露わな」とした。東訳では「剥きだしの」となっている。

Σαν αλήθεια:「真理のように」と副詞的に訳したが、東訳のように「真理のような」として、後ろのτην ακρίβεια(精緻さ)にかけても良かったかもしれない。

Που φέγγει ολομόναχη / Κάτω απ' τη μυστικιά ημισέληνο / Της νοσταλγίας μου.:おっそろしく日本語になりにくい詩行。Πουは前の名詞、恐らくはάκριαを先行詞とする関係代名詞。ほんで動詞が来て、形容詞と前置詞句が来て、前置詞句の名詞の後ろに属格の名詞がくっついている。つまり、修飾語を後ろに後ろに付けたしている。英語では同様に修飾語を後ろに付けたすことが出来るので、この語順をほぼそのまま保持できる。たとえばKeeleyらの訳では"Which shines in isolation / Under the secret half-moon / Of my nostalgia."となっており、ほぼ完璧に原文の語の並びを再現できている。対して日本語は原則的に修飾語を語の前にくっつけてく言語なので、これをそのまま再現すると文章にならない。関係代名詞を代名詞的に訳し、6行目と7行目をひっくり返すことで、何とか被害を最小限に食いとどめたつもりだが、相当のものが失われたように思う。せめて日本語にも関係詞が欲しい。

μυστικιά:辞書やインターネットを駆使したがどこにも意味が載ってなかった。Keeleyらの訳では"secret"、Carson & Sarris訳では"mystic"、東訳では「秘密の」となってたので、無難に「秘密の」としておいた。誰かこの人が誰なのか教えてください。

θύμησες / Μαβιές / Κόκκινες / Κίτρινες:Μαβιές, Κόκκινες, Κίτρινεςの三語は、直前のθύμησεςを修飾する形容詞だが、それを訳に反映させようとすると、原文の簡潔な表現が失われるので、ここは意味よりも表現を取った。

Κόκκινες:「赤色の」という意味の形容詞。同じKの音で始まる「紅」という訳にした。

της άνεμο:直訳だと「風」だが、訳文が寂しかったので「吹く風」とした。

Βλέφαρο ανύσταχτο:ここでは名詞文的に訳した。ανύσταχτοはOxonによれば"not sleepy"という意味なので、直訳すれば「眠くない」とでもなろうが、それだと味気ないので「眠りを欲しない」とした。

Πριν βρει:Πρινは後ろに接続法のアオリストをとるそうな。実際、βρειはβρίσκωの接続詞のアオリストなのだが、この場合、前に小辞のναがつかなくても大丈夫なんですかね。文法書を見る限り、ναが付くときもあれば付かないときもあるっぽいのだが、確信が持てないのでモヤモヤしとります。大丈夫ですよね? ね?

ζυγιαστεί:ζυγιάζωの接続法の中/受動態のアオリスト。割り出すのに苦労しました。おばかなので。

Ακούσιος καταρρέει:自分の解釈が正しければ、術語の形容詞と、これまた術語の動詞が並んでいる。英訳に従い、Ακούσιοςを副詞的に訳した。

 

【おまけ】

ネイティブによる朗読と、幕間に音楽。このダンディズムのイデアそのもののような男性こそ、我らが詩人オディッセアス・エリティスであります。はー、カッコイイ(;;)


Επτα νυχτερινα Επταστιχα

 

 

オディッセアス・エリティス詩集

オディッセアス・エリティス詩集

 

 

現代ギリシア詩集

現代ギリシア詩集

 

 

*1:山川偉也「オデュッセアス・エリティス『アクシオン・エスティ』第一部「創世記」 : 翻訳・解題・詩句注釈」、130頁。