読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ΕΚ ΤΟΥ ΜΗ ΟΝΤΟΣ

熱い自分語り

【詩和訳】オディッセアス・エリティス『定位』より「エーゲ海に」

 現代ギリシアノーベル賞詩人オディッセアス・エリティス(1911-1996)の詩をぼちぼち訳してこうと思います。うんこみたいな訳なのでそこは初めにお詫び申し上げます。基にしたテクストとかは下の文献表に書いてます。

 今回は彼の処女詩集『定位(ΠΡΟΣΑΝΑΤΟΛΙΣΜΟΙ)』(1940)の巻頭を飾った名詩「エーゲ海に(ΤΟΥ ΑΙΓΑΙΟΥ)」を訳してみました。彼の全作品を貫くモチーフが余すところなく現れており、エリティスは初めからエリティスだったのだなあと感動します。

 

 

ΤΟΥ ΑΙΓΑΙΟΥ

I

Ο έρωτας
Το αρχιπέλαγος
Κι η πρώρα των αφρών του
Κι οι γλάροι των ονείρων του
Στο πιο ψηλό κατάρτι του ο ναύτης ανεμίζει
Ένα τραγούδι

Ο έρωτας
Το τραγούδι του
Κι οι ορίζοντες του ταξιδιού του
Κι η ηχώ της νοσταλγίας του
Στον πιο βρεμένο βράχο της η αρραβωνιαστικιά προσμένει
Ένα καράβι

Ο έρωτας
Το καράβι του
Κι η αμεριμνησία των μελτεμιών του
Κι ο φλόκος της ελπίδας του
Στον πιο ελαφρό κυματισμό του ένα νησί λικνίζει
Τον ερχομό.

 

II


Παιχνίδια τα νερά
Στα σκιερά περάσματα
Λένε με τα φιλιά τους την αυγή
Που αρχίζει
Ορίζοντας -

Και τ' αγριοπερίστερα ήχο
Δονούνε στη σπηλιά τους
Ξύπνημα γαλανό μες στην πηγή
Της μέρας
Ήλιος -

Δίνει ο μαΐστρος το πανί
Στη θάλασσα
Τα χάδια των μαλλιών
Στην ξεγνοιασιά του ονείρου του
Δροσιά-

Κύμα στο φως
Ξαναγεννάει τα μάτια
Όπου η Ζωή αρμενίζει προς
Τ' αγνάντεμα
Ζωή -

 

III

 

Φλοίσβος φιλί στη χαϊδεμένη του άμμο - Έρωτας
Τη γαλανή του ελευθερία ο γλάρος
Δίνει στον ορίζοντα
Κύματα φεύγουν έρχονται
Αφρισμένη απόκριση στ' αυτιά των κοχυλιών

Ποιος πήρε την ολόξανθη και την ηλιοκαμένη;
Ο μπάτης με το διάφανό του φύσημα
Γέρνει πανί του ονείρου
Μακριά
Έρωτας την υπόσχεσή του μουρμουρίζει - Φλοίσβος.

 

エーゲ海


I



多島海
そして、その泡沫の舳先
そして、その夢の鴎たち
いと高きその帆柱に水夫は吹きつける
或る歌を


その歌
そして、その航海の水平線
そして、その郷愁のこだま
濡れそぼつその巌で許嫁は待つ
或る舟を


その舟
そして、その夏の風の朗らかさ
そして、その希望の三角帆
いともやさしいそのうねりの中で或る島は揺らす
到着を。


II


戯れの水が
影の差す十字路で
くちづけとともに暁を告げる
そこからはじまる
水平線――

そして野鳩は声を
その洞窟の中で震わせる
青の目覚めは一日の
水源の中に
太陽――

北西風は授ける 帆を
海に
髪の愛撫を
その夢の無邪気さに
露――

光の中の波は
もういちど眼を生み出す
そこでいのちは帆走する
測量に向けて
いのち――


III


さざ波 くちづけはその愛撫を受ける砂に――愛
青いその自由を鴎は
水平線に授ける
寄せては返す波
泡立つ返事は貝殻の耳に

誰が奪ったのか 金髪の娘を 日に焼けた娘を
潮風は透明なその息吹と共に
夢の帆を傾ける
はるかに
愛はその約束をささやく――さざ波。

 

 

【文献表】

・テクスト

Οδυσσέας Ελύτης, ΠΟΙΗΣΗ, Ίκαρος, 2015.

http://www.elytis.edicypages.com/

 

・翻訳

The Collected Poems of Odysseus Elytis, tr. by Jeffrey Carson and Nikos Sarris, Johns Hopkins University Press, 1997.
Odysseus Elytis: Selected Poems 1940-1979, tr. by Edmund Keeley et al., Anvil Press Poetry, 2005.
『オディッセアス・エリティス詩集』東千尋編訳、土曜美術社出版販売、2015年。
池澤夏樹「今日の海外文学-10-オディッセアス・エリティス詩選」、『海』(中央公論社)第12(2)号、1980年、297-328頁。

 

・辞書と参考図書類

William Crighton, ΜΕΓΑ ΕΛΛΗΝΟ-ΑΓΓΛΙΚΟΝ ΛΕΞΙΚΟΝ, ΕΛΕΥΘΕΡΟΥΔΑΚΗΣ, 1960(WC).
D. N. Stavropoulos, Oxford Greek-English Learner's Dictionary, Oxford Univ Press, 2009(Oxon).
関本至『現代ギリシア語文法』泉屋書店、1968年(関本)。
川原拓雄『現代ギリシア語辞典』リーベル出版, 2004年(川原)。

 

【こんな風に読んでるけど大丈夫っすかねのコーナー】

ΤΟΥ ΑΙΓΑΙΟΥ:主格的に訳されてる場合が大半だが、これは属格。ここでは与格的な用法ととった(関本§67.9)。~に寄せて、みたいな意味かねえ。

Στο πιο ψηλό κατάρτι του ο ναύτης ανεμίζει / Ένα τραγούδι:Στο......κατάρτιの前置詞σεをκατάρτι(マスト、帆柱)の表面を表すものと解し、そこに水夫が歌をανεμίζει(川原①送風する②風に当てる、WC, 3. winnow)(σεという前置詞にそういう意味合いがあるかは不安)。ここは割と訳が分かれてるところで、この解釈もかなり心もとない。イメージとしては、水夫が帆に、風を当てるように歌を当てている感じ。つまり、その舟は吹き付ける歌を推進力にして走っているということ。すてきねえ。

Στον πιο ελαφρό κυματισμό του ένα νησί:このσεがまたやっかい。ここは面倒くさいので「中に」と直訳して、そのまま、うねりの中に島がある、ちう感じで訳した。

Παιχνίδια τα νερά:名詞が二つ並んでる。最初は同格と名詞文のどっちだろうと迷ったけど、後ろにΛένεという動詞があったんで、この二つは同格で、まとめてこれの主語だと判断。Παιχνίδιαはカッチョよく「戯れ」とした。

Δίνει ο μαΐστρος το πανί / Στη θάλασσα / Τα χάδια των μαλλιών / Στην ξεγνοιασιά......:Δίνειという動詞にτο πανίとΤα χάδιαという目的語が二つ、そして、それぞれの目的語を何に授けるのか、というのを、σεの前置詞句でそれぞれ示している、と解釈。訳もそれを分かりやすいようにした。

προς / Τ' αγνάντεμα:αγνάντεμαはOxonWCを引くと”surveying”を意味する中性名詞とあったので、そのまま「測量に向けて」とした。Keeleyらの訳では"towards / The recognition"となっていて、だいたい同じ解し方をしてる。ただ、それ以外の訳では、池澤訳では「遠方にみえる」、東訳では「はるか彼方の」、Carson & Sarris訳では"Far-seeing"となっていて、どれも直後のΖωήがはるか向こうにある、という感じで訳している。うーん、何か見落としてるんだろうか。

ολόξανθη:手持ちの辞書には載ってなかった。Oxonによるとολό-は"quite, all, very"を表す接頭辞で、ξανθηは「金髪」を表す形容詞。すっごい金髪、って感じ? 他の翻訳だと、ただの「金髪の」みたいな感じで訳してたので、ここでもそれに従った。

Ο μπάτης με το διάφανό του φύσημα:φύσημαは「息吹」と解した。μεがまたやっかいで、「帯びた」と訳そうかと初めは思ったが、もっと直訳っぽく「共に」とした。こうすると原文の語順も守れる。ただ、潮風と息吹というのが二人いるような感じになり、これが解釈として正しいかどうか不安。

ささやく――さざ波:訳だと韻を踏んだ感じになってるけど、原文では別にそんな感じではないです。

 

【おまけ】

 この詩のIには曲がついてるみたいです。きれいな歌だなあ。


Ελύτης Του αιγαίου

 

 

オディッセアス・エリティス詩集

オディッセアス・エリティス詩集

 

 

現代ギリシア詩集

現代ギリシア詩集