読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ΕΚ ΤΟΥ ΜΗ ΟΝΤΟΣ

熱い自分語り

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「三匹の蟻」

 日曜なのでハリール・ジブラーンのThe Madmanを訳すんべかなのコーナーです。テクストは南の国からこんにちはProject Gutenberg Australia*1です。今回訳したのは'The Three Ants'という小品。自分の見てる世界がどれだけ狭いのかわかってないのは、たぶん人も蟻んこも同じなんでしょうね。

 

 

The Three Ants


Three ants met on the nose of a man who was asleep in the sun. And after they had saluted one another, each according to the custom of his tribe, they stood there conversing.

The first ant said, “These hills and plains are the most barren I have known. I have searched all day for a grain of some sort, and there is none to be found.”

Said the second ant, “I too have found nothing, though I have visited every nook and glade. This is, I believe, what my people call the soft, moving land where nothing grows.”

Then the third ant raised his head and said, “My friends, we are standing now on the nose of the Supreme Ant, the mighty and infinite Ant, whose body is so great that we cannot see it, whose shadow is so vast that we cannot trace it, whose voice is so loud that we cannot hear it; and He is omnipresent.”

When the third ant spoke thus the other ants looked at each other and laughed.

At that moment the man moved and in his sleep raised his hand and scratched his nose, and the three ants were crushed.

 

三匹の蟻


 三匹の蟻が、昼寝をしてる男の鼻の上で落ち合った。おのおの部族の習わしに従って、互いに挨拶をしてから、三匹は立ち話を始めた。

 一匹目の蟻が言った。「この谷と平原は、俺の知る中でいちばん不毛な土地だな。一日じゅう穀物とかを探してたんだけど、何も見つからないんだよ」

 二匹目の蟻が言った。「ぼくも何も見つからなかったよ。隠れた場所とか空き地とかぜんぶ見回ったんだけど。ここはさ、思うんだけど、ぼくの民が言うところの、たるんで動く土地じゃないかな。そこじゃ何も育たないんだって」

 それから三匹目の蟻が頭を上げて言った。「友よ、我らは今、至高なる蟻の鼻の上に立っているのだ。力強く、無限なる蟻だ。その体は大きすぎて見えず、その影は広すぎて辿れず、その声は大きすぎて聞こえない。そして、この方はあらゆる場所に遍在しているのだ」

 三匹目の蟻がこのように語ると、他の蟻は顔を合わせて笑った。

 そのとき、男が寝返りをうち、眠りながら手を上げて、その鼻を掻いた。そして、三匹の蟻はぺしゃんこになったとさ。