ΕΚ ΤΟΥ ΜΗ ΟΝΤΟΣ

熱い自分語り

現代ギリシア語の勉強をしています

 現代ギリシア語の勉強をしています。

 今年の頭くらいから、どうにもこうにも現代ギリシア詩が読みたくなって辛抱たまらなくなったので、冬の賞与(というか寸志? 雀の涙のような額でしたよ)が入るとすぐに、文法書だの辞書だの活用表だのをamazonさんでドーンと買ってやりました。

 勉強には基本的に、偉大なる関本至先生の『現代ギリシア語文法』を使っています。関本至先生は日本における現代ギリシア語研究の草分け的な存在で、その筋ではレジェンド扱いされている方なんですが*1、この文法書ひとつとっても、この方の天賦の才が随所に伺えて燃えてきます。なんつっても凄いのが、膨大な情報量を滅茶苦茶コンパクトに収めているところ。この文法書、なんと全部で220頁くらいしかないんですよ。そして、冠詞から文論にかけての、文法の中枢の部分に限ると、なんと140頁足らずしかない。なのに、この言語のエッセンスが完全に網羅されていて、しかも練習問題までついている(まあ、答えはついてないっすけど)。とんでもない名著っすよ。高津春繁先生の『ギリシア語文法』に並ぶマスターピースですよ。なんでこんな名著が絶版なんでしょうか。岩波あたりが版権を引き取ってオンデマンドあたりで復刊させるべきですよ。ちなみにおいらはamazonマケプレで5000円出して買いました。お賃金ってのはねえ、こういうときに使うんだよ!

 とりあえず勉強の仕方ですが、この関本文法を1日5ページくらいずつ読んでってます。読んで、活用が出てきたら覚えて、例文を訳して、練習問題を問いてって感じ。社会人になると、実用に関係ない勉強ってのが堪らなく楽しくなるんですよねえ。この勉強欲を受験生の頃の自分におすそ分けしてやりたい。

 あと、ギリシア語とかそこら辺の言語は動詞の活用が鬼なので、上記の文法書の補助として福田千津子先生の『現代ギリシャ語動詞変化表』なんてのも買いました。こいつは最も基本的な90語くらいの動詞の変化を、めっちゃ見やすい表にまとめてくれたものです。とりあえず理屈は抜きにして、ひたすら変化を覚えてってます。

 

現代ギリシャ語動詞変化表

現代ギリシャ語動詞変化表

 

 
 辞書はとりあえず以下の二冊を使ってます。どっちも良書。

 

現代ギリシア語辞典

現代ギリシア語辞典

 

 

Oxford Greek-English Learner's Dictionary

Oxford Greek-English Learner's Dictionary

 

 
 こいつは買うかどうか検討中。
 

Collins Greek-English Dictionary

Collins Greek-English Dictionary

 


 現状は、関本文法が今月中には一周終わるかなというところです。名詞形容詞動詞といった一番やっかいなところを何とか切り抜けて、この言葉の全体が、おぼろげながら掴めてきたかなあという感じ。もともと学生時代に古典とコイネーをやっといたからか、覚悟してたほどではありませんでした。いや、十分十二分に手強いっすけど。あと、むかーしのギリシア語と色々変わってて、そこら辺が興味深いっスね。与格や不定法が消失してたのはびっくらこきました。不定法がないのは、ホンマにホンマかいなという印象。あと、動詞の変化が古典やコイネーと比べて見違えるほどに覚えやすくなってたのは助かりました。頭に小辞をつければ、それだけで法が変わるとか最高過ぎ。

 関本文法は最低でも二周する予定。二周して、自分の実力にまだ不安があったらもう一周。とりあえず大丈夫かなと思ったら、現代ギリシア詩の和訳をちょこちょこしていこうかなと思っています。とりあえず、ノーベル文学賞を受賞したオディッセアス・エリティスの全詩集をこないだポチって、まだこないかなーと待ってるところ。本当は中井久夫先生の名訳で知られるヤニス・リッツォスを読もうと思ってたのですが、この人あんまり多作過ぎて全集の数がものすごいことになっててマンモスヤバかったんスよね。それに比べてエリティスの場合、なんと全詩集が一冊に収まってしかも38.8ユーロ(4650円くらい?)と来た。文学も結局は資本で規定されるんです。ごめんねリッツォス。いつか迎えに行くからよ!

 とりあえず、エリティスの『モノグラム』という作品の最初と最後の連を試しに訳してみました*2池澤夏樹先生の『ギリシアの誘惑』に収められた同氏の訳に大きく依拠はしていますが、なんとかかんとか訳せました。はようバリバリ読めるようになりたいんじゃ。まあ、焦らずゆっくり行きます。途方に暮れるほど、まだ人生は長いのですし。

 

Θα πενθώ πάντα -μ' ακούς;- για σένα,
                                   μόνος, στον Παράδεισο

ぼくはとこしえに嘆くだろう――聞こえるかい――きみゆえに
ひとり、楽園で

 

Στον Παράδεισο έχω σημαδέψει ένα νησί
Απαράλλαχτο εσύ κι ένα σπίτι στη θάλασσα

Με κρεβάτι μεγάλο και πόρτα μικρή
Έχω ρίξει μες στ' άπατα μιαν ηχώ
Να κοιτάζομαι κάθε πρωί που ξυπνώ

Να σε βλέπω μισή να περνάς στο νερό
Και μισή να σε κλαίω μες στον Παράδεισο.

楽園でぼくはひとつの島を刻んだ
きみにそっくりで 海の中には一軒の家

大きな寝台と小さな扉と共に
ぼくは深みにひとつのこだまを投げた
朝起きるたびに鏡を見るために

きみの片割れが水の中を過ぎてゆくのを見るために
そして 残るきみの片割れについて楽園の中で泣くために