読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ΕΚ ΤΟΥ ΜΗ ΟΝΤΟΣ

熱い自分語り

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「完全な世界」

ハリール・ジブラーン 詩和訳

 なんか久しぶりにハリール・ジブラーンのThe Madmanを訳してですね、やろうじゃないかというコーナーですね。テクストはみんなのヒロインProject Gutenberg Australia*1です。今日訳したのは "THE PERFECT WORLD"という作品。この詩集の最後を飾る詩篇です。完璧な秩序によって統制されたこの世界に対する違和感が表明されています。このような、自分が住む世界への違和感が正しく方向づけられると、それは、ここにはない何かへの憧憬となる。そして、その憧憬にかたちを与えると、詩になるんじゃないでしょうか。なんか読んでて、そんなことを感じました。なんつってつっちゃった。

 

 

”THE PERFECT WORLD”


God of lost souls, thou who are lost amongst the gods, hear me:

Gentle Destiny that watchest over us, mad, wandering spirits, hear me:

I dwell in the midst of a perfect race, I the most imperfect.

I, a human chaos, a nebula of confused elements, I move amongst finished worlds--peoples of complete laws and pure order, whose thoughts are assorted, whose dreams are arranged, and whose visions are enrolled and registered.

Their virtues, O God, are measured, their sins are weighed, and even the countless things that pass in the dim twilight of neither sin nor virtue are recorded and catalogued.

Here days and night are divided into seasons of conduct and governed by rules of blameless accuracy.

To eat, to drink, to sleep, to cover one’s nudity, and then to be weary in due time.

To work, to play, to sing, to dance, and then to lie still when the clock strikes the hour.

To think thus, to feel thus much, and then to cease thinking and feeling when a certain star rises above yonder horizon.

To rob a neighbour with a smile, to bestow gifts with a graceful wave of the hand, to praise prudently, to blame cautiously, to destroy a sound with a word, to burn a body with a breath, and then to wash the hands when the day’s work is done.

To love according to an established order, to entertain one’s best self in a preconceived manner, to worship the gods becomingly, to intrigue the devils artfully--and then to forget all as though memory were dead.

To fancy with a motive, to contemplate with consideration, to be happy sweetly, to suffer nobly--and then to empty the cup so that tomorrow may fill it again.

All these things, O God, are conceived with forethought, born with determination, nursed with exactness, governed by rules, directed by reason, and then slain and buried after a prescribed method. And even their silent graves that lie within the human soul are marked and numbered.

It is a perfect world, a world of consummate excellence, a world of supreme wonders, the ripest fruit in God’s garden, the master-thought of the universe.

But why should I be here, O God, I a green seed of unfulfilled passion, a mad tempest that seeketh neither east nor west, a bewildered fragment from a burnt planet?

Why am I here, O God of lost souls, thou who art lost amongst the gods?

 

「完全なる世界」


 迷える魂の神よ。汝、神々の中で迷える方よ、聞き給え。

 狂い彷徨う魂を、我らを見守る穏やかな宿命よ、聞き給え。

 わたしは最も不完全なる存在だが、完全なる種族の最中に居を構える。

 このわたし、人を模した混沌、惑える元素から成る星雲が移り住むは完璧な世界。交わるは、完全な法と純然たる秩序を有する者たち。彼らの思想は分類され、夢は整理され、直観は登録されている。

 神よ、彼らの徳は測定され、罪は量られ、罪でも徳でもない、淡い薄明の中に過ぎゆく事物は記録され、分類されているのだ。

 ここでは昼と夜とは営みの期間に区分され、否の打ちどころのないほどに正確な規則によって管理されている。

 食べて、飲んで、眠って、服を着て、やがて時が来れば疲弊する。

 働いて、遊んで、歌って、踊って、そして時辰儀が時を告げれば、じっと横になる。

 こんな風に多くのことを考え、感じているのに、地平線の上にあの星が昇ると、考えることも感じることもやめてしまう。

 にっこり笑って隣人から盗み、優雅に手を振って贈り物を授け、慎重に称賛し、注意深く非難し、響きを言葉で破壊し、身体を息で燃やし、そして、その日の仕事が終わると手を洗う。

 既定の秩序に従って愛し、いちばん優れた自己を、事前に練っておいた方法で喜ばせ、お上品に神々を讃美し、巧みに悪魔の興味をそそり――そして、記憶が死に絶えたかのように、すべてを忘れ去る。

 志をもって空想し、熟考の上で計画し、甘く歓び、気高く忍び――そして、杯を空にする。明日がまた、満たしてくれるよう。

 これらのことは全て、神よ、先見をもって着想され、決心をもって生み出され、厳格に育てられ、規則によって支配され、理性をもって指導され、そして、定められた順序に沿って殺められ、埋葬される。さらに、人の魂の内に存する、物言わぬ墓すらも、採点され、番号が振られるのだ。

 ここは完全な世界だ。この上なく卓越した世界、至高の驚異に満ちた世界、神の庭園で最も熟した果実であり、この宇宙を支配する思考である。

 だが、どうしてわたしはここに居なければならないのだ、神よ。満たされぬ激情の緑の種子、東も西も求めぬ狂える嵐、燃え尽きた星の惑える破片たるわたしが。

 どうしてわたしはここに居るのだ、迷える魂の神よ。汝、神々の中で迷える方よ。

 

 

ハリール・ジブラーンの詩 (角川文庫)

ハリール・ジブラーンの詩 (角川文庫)