読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ΕΚ ΤΟΥ ΜΗ ΟΝΤΟΣ

熱い自分語り

「地方創生のリアル」の記事を読んで、日本のキリスト教の現状そのものだと痛感した話

 Twitterを覗いてたら、こんな記事が話題になっていた。

toyokeizai.net
 衰退している地方の中には、有能な若者を自ら排除する構造を孕んだところが多々あり、そのせいで自らの首を締める結果になっていることが指摘されていた。若者に来てほしい、と言いながら、自分の価値観に合わない人間は排除する。自分より年下だからといって、若者に理不尽なかたちで仕事を押し付け、文句を言えば「我慢が足りない」と上から目線で批判する。駄目な地方の上役たちは、若者が欲しいと言いながら、そんな理不尽な振る舞いをしているという。

 さて、自分はこの記事を読んで、日本のキリスト教の教会が衰退しまくっているのも、ここで指摘されていることが大きな要因だろうなあと痛感した。自分は昔プロテスタントの教会をいくつか渡り歩いたのだが、結局は挫折して、今はほぼ無信仰者となっている。棄教した理由はいくつか挙げられるが、この記事で指摘されているような理不尽な目に散々あったことも大きい。

 いま日本の教会の高齢化は凄まじい。自分が前に通っていた幾つかの教会は、出席者の大半が60歳以上の高齢者の方だった。40代で若者と呼ばれ、20代30代の人が来たら大騒ぎするような状態だった。いまの日本の人口を占めるキリスト教徒の割合は1%以下というが、この調子で行くと、20年後には0.1%を割るんじゃないかと思う。それゆえ、若者の確保は教会にとって最優先事項である。実際、現場もそれを分かっていて、色んな話し合いの場では、どうすれば若い人が来てくれるか、という話題が必ず取り上げられていた。しかし何というか、根本的にずれてるんじゃないかという感覚を当時から抱いていた。それが何なのかはっきりとは分からなかったが、先の記事がそれを見ごとに言語化してくれていた。

 教会の牧師や上の人たちが若者に来てほしいと言う時、それは、教会の仕事を担ってくれる人材が欲しい、ということを意味している。教会の中っていうのは実は色んな仕事がある。会計をしたり、イベントを仕切ったり、子供の宗教教育をしたり云々。そういう仕事が信徒にけっこう振られている。こういうのはかなり責任が伴い、プレッシャーも大きい。だから、高齢者の人たちはやりたがらない。そこで、働き盛りの人が来たりすると、その人に一気に押し付けられたりするのだ。

 自分がかつて通っていた教会の例。30代の男性が洗礼を受け、正式に教会員となった。すると、牧師と高齢者の信徒の上役がすかさずその人に、教会の重要な役職を担うよう迫ったのだ。その人は仕事が忙しいからと渋ったが、神様や教会のことを思うなら断れないはずだと牧師たちは言い、かなり無理やりなかたちで承諾させた。以後、その人には碌に引き継ぎもないまま大量の仕事が振られた。ミスをすると集会で批判され、自分の仕事が忙しくなって教会が疎かになると無責任と詰られた。結局、その人は一年でいなくなった。もう二度と教会には行かないと俺に言っていた。そして、牧師や高齢者の方々は、あいつは信仰が足りない等々と文句を言っていた。

 自分たちの価値観や大量の仕事を無理やり押し付け、相手のことを理解しようとせず、何かあれば上から目線で批判する。そうして、若い有能な人材を自ら排除する。先の記事で指摘されていた構造が、そっくりそのまま例の教会に当てはまることは言うまでもないだろう。そして、あくまで俺が知ってる限り、どの教会にも多かれ少なかれこういう傾向が見られ、それが自らの首を絞める結果となっていた。

 教会の場合に特に深刻なのが、上の人たちがそういう理不尽なことを「信仰」とか「神」によって正当化していることだ。神様を信じているなら、これくらい出来るはずだ、こういうことをしてくれるはずだ。そういう思いが、教会の高齢者の方に割と見られるように思う。これは明らかに自分の考えを宗教によって正当化しているだけなのだが、宗教が絡んでいるだけに、本人は自分を疑ったりしない。それゆえ、地方の商店街とかよりも、問題の根は深いように思う。

 そういう姿勢が本人の「信仰」として確立されてしまっている以上、他の人間がとやかく言っても、それが是正されることはないだろう。世代交代すれば少しはマシになるだろうが、はたして、いま教会を支えている世代がゴソッといなくなったとき、若い人材を受け止める体力が日本のキリスト教に残っているか、甚だ怪しいように思うのです。