読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ΕΚ ΤΟΥ ΜΗ ΟΝΤΟΣ

熱い自分語り

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「野望」

 今日はあったけーハリール・ジブラーンのThe Madmanをゴリゴリ訳すっぺかのコーナーです。テクストは洗濯物が凍ったりしないお国のProject Gutenberg Australia*1です。今日訳したのは'Ambition'という作品。風が吹けば桶屋が儲かる理論ですかね。かなりブラックなところを覗かせてて、個人的にすごくお気に入りです。オチが痛快。

 

Ambition


Three men met at a tavern table. One was a weaver, another a carpenter and the third a ploughman.

Said the weaver, “I sold a fine linen shroud today for two pieces of gold. Let us have all the wine we want.”

“And I,” said the carpenter, “I sold my best coffin. We will have a great roast with the wine.”

“I only dug a grave,” said the ploughman, “but my patron paid me double. Let us have honey cakes too.”

And all that evening the tavern was busy, for they called often for wine and meat and cakes. And they were merry.

And the host rubbed his hands and smiled at his wife; for his guests were spending freely.

When they left the moon was high, and they walked along the road singing and shouting together.

The host and his wife stood in the tavern door and looked after them.

“Ah!” said the wife, “these gentlemen! So freehanded and so gay! If only they could bring us such luck every day! Then our son need not be a tavern-keeper and work so hard. We could educate him, and he could become a priest.”

 

野望


 三人の男がとある居酒屋のテーブルに集まった。一人は織工、もう一人は大工、そして三人目は農夫だった。

 織工が言った。「亜麻布の立派な経帷子が今日は金貨二枚で売れたんだ。好きなワイン何でも頼んでいいぞ」

「俺もな」と大工が言った。「一番よく出来た棺が売れたんだよ。ワインのつまみに最高のローストをつけちまおう」

「おいらは墓掘ってるだけだったけど」と農夫が言った。「でも、お客さんが賃金を二倍くれたんだ。蜂蜜のケーキも食べようや」

 その夜、居酒屋はずっと大忙しだった。三人がワインやら肉やらケーキやらを頼みまくったからだ。彼らはご機嫌だった。

 店主は手を揉んで妻に微笑んだ。お客が気前よく金を使ってくれたからだ。

 三人が帰ったとき、もう月も高くに昇っていた。彼らは道を歩きながら、一緒に歌って叫んでいた。

 店主とその妻は店の入り口に立って、彼らを見送っていた。

「ああ!」と妻は言った。「あのお客さまったら! ホントに気前がよくて楽しそうだったね! あの人たちがこんな幸せを毎日運んできてくれたらいいのに! そしたら、うちの倅は居酒屋の店主としてあくせく働く必要もなくなるね。学校に行かせてやれるし、そしたら、司祭さまにだってなれるかも」