読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ΕΚ ΤΟΥ ΜΗ ΟΝΤΟΣ

熱い自分語り

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「聖なる街」

ハリール・ジブラーン 詩和訳

 ようやく金曜だやったぜいハリール・ジブラーンのThe Madmanを和訳したるぜのコーナーです。テクストはいー仕事してますねーProject Gutenberg Australia*1です。本日訳したのは'The Blessed City'という作品。とある男が体験した世にも奇妙な物語。かんっぜんにホラーです。めっさ気味悪い。伊藤潤二あたりに漫画化してもらいたい。予言者とかで名高いジブラーンも、こういうの書いてたんだなあ。あと、一部のキリスト教界隈に対する負の感情がヤバい。ニーチェに傾倒してたって話だけど、こいつを読むと確かに影響強そうだなあと感じます。キレイキレイなだけの詩人じゃないってとこ見せてくれます。

 

 

The Blessed City


In my youth I was told that in a certain city every one lived according to the Scriptures.

And I said, “I will seek that city and the blessedness thereof.” And it was far. And I made great provision for my journey. And after forty days I beheld the city and on the forty-first day I entered into it.

And lo! the whole company of the inhabitants had each but a single eye and but one hand. And I was astonished and said to myself, “Shall they of this so holy city have but one eye and one hand?”

Then I saw that they too were astonished, for they were marvelling greatly at my two hands and my two eyes. And as they were speaking together I inquired of them saying, “Is this indeed the Blessed City, where each man lives according to the Scriptures?” And they said, “Yes, this is that city.”

“And what,” said I, “hath befallen you, and where are your right eyes and your right hands?”

And all the people were moved. And they said, “Come thou and see.”

And they took me to the temple in the midst of the city, and in the temple I saw a heap of hands and eyes. All withered. Then said I, “Alas! what conqueror hath committed this cruelty upon you?”


And there went a murmur amongst them. And one of their elders stood forth and said, “This doing is of ourselves. God hath made us conquerors over the evil that was in us.”

And he led me to a high altar, and all the people followed. And he showed me above the altar an inscription graven, and I read:

“If thy right eye offend thee, pluck it out and cast it from thee; for it is profitable for thee that one of thy members should perish, and not that the whole body should be cast into hell. And if thy right hand offend thee, cut it off and cast it from thee; for it is profitable for thee that one of thy members should perish, and not that thy whole body should be cast into hell.”

Then I understood. And I turned about to all the people and cried, “Hath no man or woman among you two eyes or two hands?”

And they answered me saying, “No, not one. There is none whole save such as are yet too young to read the Scripture and to understand its commandment.”

And when we had come out of the temple, I straightway left that Blessed City; for I was not too young, and I could read the scripture.

 

聖なる街


 若い頃、こんな話を耳にした。なんでも、とある街では皆が聖書に従って生活しているらしい。

 それで俺は言った。「その街を探して、そこの連中がどれだけ幸福か見てやろう」。その街は遠かった。俺は念入りに旅支度をした。四十日目にその街が見え、四十一日目にして俺はその街の門を潜った。

 そして、見よ! そこの住民の連中は皆、眼も手も一つしかなかった。俺は仰天して、こうひとりごちた。「この至聖なる街の奴らには、眼も手も一つしか持てない決まりでもあるのか?」

 すると、向こうもまた仰天しているのが分かった。俺が眼も手も二つあることに、連中は大いに驚いていたからだ。奴らが互いに話す中、俺は尋ねて言った。「ここは本当に聖なる街なのか。ここじゃあ、みんな聖書に従って生きてるのか」。すると連中は言った。「はい、ここがその街です」

「じゃあ何が」と俺は言った。「お前らに降りかかったんだ。お前らの右眼と右足は、どこに行ったんだ」

 すると民全体にどよめきが走った。そして連中は言った。「見に来てください」

 奴らは俺を、街の中心にある教会堂に連れて行った。その教会堂で俺が目にしたのは、山と積まれた手と眼だった。全部干からびていた。俺は言った。「ああ! お前らにこんな残酷なことを仕出かしたのは、どこの征服者だ」

 奴らの間に囁きが走った。年長の者が一人、前に立っていった。「これは我々自身がしたことです。御神が我らをして、内なる悪の征服者となさしめたのです」

 そいつは俺を主祭壇へと導いた。民全体がついてきた。祭壇の上に、とある碑文が刻まれているのを見せられた。俺はそれを読んだ。

「もし右の目なんぢを躓かせば、抉り出して棄てよ、五體の一つ亡びて、全身ゲヘナに投げ入れられぬは益なり。もし右の手なんぢを躓かせば、切りて棄てよ、五體の一つ亡びて、全身ゲヘナに往かぬは益なり」*2

 それで俺は理解した。俺は民全体に向き返り、叫んだ。「男でもいい、女でもいい、お前らの中で、眼か耳が二つ揃ってる奴はいないのか」

 奴らは答えて言った。「いえ、一人もいません。全く誰もおりません。あまりに幼く、聖書を読むことも、その戒律を理解することも出来ない者は別ですが」

 教会堂を出ると、俺は真っ先に聖なる街から逃げ出した。だって俺は幼くはないし、聖書を読むことも出来たから。

 

 

 

*1:The Madman by Kahlil Gibran

*2:マタイによる福音書5:29-30