読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ΕΚ ΤΟΥ ΜΗ ΟΝΤΟΣ

熱い自分語り

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「神」

詩和訳 ハリール・ジブラーン

 ハリール・ジブラーンのThe Madmanを訳しちゃりましょうのコーナーです。テクストはいつもオージービーフにはお世話になってますProject Gutenberg Australia*1です。今日紹介するのは'God'という作品。神話的にして甘美な一篇です。実はこいつを訳したのは何年も前のこと。今よりも神谷美恵子訳の影響が強いような、そうでないような。

 

God


In the ancient days, when the first quiver of speech came to my lips, I ascended the holy mountain and spoke unto God, saying, “Master, I am thy slave. Thy hidden will is my law and I shall obey thee for ever more.”

But God made no answer, and like a mighty tempest passed away.

And after a thousand years I ascended the holy mountain and again spoke unto God, saying, “Creator, I am thy creation. Out of clay hast thou fashioned me and to thee I owe mine all.”

And God made no answer, but like a thousand swift wings passed away.

And after a thousand years I climbed the holy mountain and spoke unto God again, saying, “Father, I am thy son. In pity and love thou hast given me birth, and through love and worship I shall inherit thy kingdom.”

And God made no answer, and like the mist that veils the distant hills he passed away.

And after a thousand years I climbed the sacred mountain and again spoke unto God, saying, “My God, my aim and my fulfilment; I am thy yesterday and thou are my tomorrow. I am thy root in the earth and thou art my flower in the sky, and together we grow before the face of the sun.”

Then God leaned over me, and in my ears whispered words of sweetness, and even as the sea that enfoldeth a brook that runneth down to her, he enfolded me.

And when I descended to the valleys and the plains God was there also.

 


 遥か昔、はじめのことばがこの唇を震わせたとき、わたしは聖なる山に登り言った。「主よ、わたしはあなたの僕。あなたの隠された意志に従います。とこしえにあなたに従います」

 しかし神は何も答えず、激しい嵐の如く去っていった。

 千年して後、わたしは再び聖なる山に登り言った。「創り主よ、わたしはあなたの被造物。わたしは土より創られたもの。わたしのすべてはあなたのものです」

 しかし神は何も答えず、千の燕が飛び立つ如く去っていった。

 千年して後、わたしは再び聖なる山に登り言った。「父よ、わたしはあなたの子供。あなたは哀れみと愛をもってわたしに命を与えました。わたしは愛と崇敬をもって、あなたの王国を受け継ぎましょう」

 しかし神は何も答えず、遥かな丘を覆う霞の如く去っていった。

 千年して後、わたしは再び聖なる山に登り言った。「神よ、わたしの果て、実りよ。わたしはあなたの過ぎ去りし日で、あなたの御業はわたしの明日です。わたしは大地に根ざす根で、あなたは空に咲く花。ひとつになって太陽に向かい伸びてゆくのです」

 すると神はわたしに凭れ、この耳に甘く囁いた。まるで海が自らに注ぐ小川を包み込むかのように、神はわたしを抱きしめた。

 そして、わたしが谷間と平野とに降りたとき、神もまたそこに居たのだった。