読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ΕΚ ΤΟΥ ΜΗ ΟΝΤΟΣ

熱い自分語り

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「ぼくの悲しみが生まれたとき」

 ハリール・ジブラーンのThe Madmanをひたすら訳してやろうじゃないかのコーナーです。テキストはいやーいつもお世話になっておりますProject Gutenberg Australia*1でございます。今回訳したのは、'When my Sorrow was born'という作品。『この世界の片隅に』の記事のあとに訳すのはこいつと決めてました。

 

 

When my Sorrow was born


When my Sorrow was born I nursed it with care, and watched over it with loving tenderness.

And my Sorrow grew like all living things, strong and beautiful and full of wondrous delights.

And we loved one another, my Sorrow and I, and we loved the world about us; for Sorrow had a kindly heart and mine was kindly with Sorrow.

And when we conversed, my Sorrow and I, our days were winged and our nights were girdled with dreams; for Sorrow had an eloquent tongue, and mine was eloquent with Sorrow.

And when we sang together, my Sorrow and I, our neighbours sat at their windows and listened; for our songs were deep as the sea and our melodies were full of strange memories.

And when we walked together, my Sorrow and I, people gazed at us with gentle eyes and whispered in words of exceeding sweetness. And there were those who looked with envy upon us, for Sorrow was a noble thing and I was proud with Sorrow.

But my Sorrow died, like all living things, and alone I am left to muse and ponder.

And now when I speak my words fall heavily upon my ears.

And when I sing my songs my neighbours come not to listen.

And when I walk the streets no one looks at me.

Only in my sleep I hear voices saying in pity, “See, there lies the man whose Sorrow is dead.”

 

ぼくの悲しみが生まれたとき


 ぼくの悲しみが生まれたとき、一生懸命に世話をして、愛と優しさのこもった眼差しで見守った

 そして悲しみは成長した。他の生きものと同じように、強く美しくなり、素晴らしい喜びでいっぱいになった。

 悲しみとぼくは愛し合った。ぼくたちを取り巻く世界も愛した。悲しみは優しい心を持っていたから。そしてぼくの心も、悲しみといると優しくなれたから。

 悲しみとぼくが言葉を交わすと、ぼくらの昼はすぐに飛び去り、夜は夢に囲まれた。悲しみは話が上手だったし、悲しみといると、ぼくもそうなれたから。

 悲しみとぼくがうたっていると、近所のひとは窓辺に座って、耳を傾けた。ぼくらの歌は海のように深く、ぼくらの旋律は、聞いたことのない思い出でいっぱいだったから。

 悲しみとぼくが連れ立って歩くと、みんな穏やかな眼でぼくたちを見つめ、とても甘美なことばで囁き合った。ぼくたちを見て妬むやつもいた。悲しみはとても気高くて、ぼくはそんな悲しみを誇りに思っていたからだ。

 でも、ぼくの悲しみは死んだ。他の生きものと同じように。ぼくは独り残されて、物も言わず、思いを馳せている。

 いま何かを話しても、この耳にはただ重苦しいだけ。

 自分の歌をうたっても、近所のひとは聴きに来ない。

 ぼくが通りを歩いても、誰もぼくのことを見ない。

 眠っているときだけは、こんな同情の声が聞こえる。「見て、悲しみを喪った男が寝てる」

 

 

ハリール・ジブラーンの詩 (角川文庫)

ハリール・ジブラーンの詩 (角川文庫)