読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ΕΚ ΤΟΥ ΜΗ ΟΝΤΟΣ

熱い自分語り

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「賢王」

 ハリール・ジブラーンのThe Madmanより、今日は'The Wise King'を訳しました。テクストは我らの恋人Project Gutenberg Australiaです*1。とある街に起こった悲劇の話。たぶん、これと同じ悲劇がこの世界のあちこちで起こっているんだと思います。

 

The Wise King


Once there ruled in the distant city of Wirani a king who was both mighty and wise. And he was feared for his might and loved for his wisdom.

Now, in the heart of that city was a well, whose water was cool and crystalline, from which all the inhabitants drank, even the king and his courtiers; for there was no other well.

One night when all were asleep, a witch entered the city, and poured seven drops of strange liquid into the well, and said, “From this hour he who drinks this water shall become mad.”

Next morning all the inhabitants, save the king and his lord chamberlain, drank from the well and became mad, even as the witch had foretold.

And during that day the people in the narrow streets and in the market places did naught but whisper to one another, “The king is mad. Our king and his lord chamberlain have lost their reason. Surely we cannot be ruled by a mad king. We must dethrone him.”

That evening the king ordered a golden goblet to be filled from the well. And when it was brought to him he drank deeply, and gave it to his lord chamberlain to drink.

And there was great rejoicing in that distant city of Wirani, because its king and its lord chamberlain had regained their reason.

 

賢王


 かつて、とある遥かな街をワイラニという王が統治していた。この王は強く賢明であった。王はその強さの故に恐れられ、賢明さの故に愛されていた。

 さて、その街の中心には泉があった。その水は冷たく澄んでいた。住民はみな、それを飲み水にしていた。王とその廷臣ですらそうだった。他に泉がなかったからだ。

 ある夜、全ての者が寝静まると、ひとりの魔女が街に入り込み、奇怪な液体を七滴、その泉に垂らして言った。「たった今から、この水を飲んだ奴は狂ってしまうだろう」

 翌朝、すべての住民――王とその廷臣は除く――はその泉の水を飲んで狂った。あの魔女が予言した通りになったのである。

 終日、民は細道や市場に集い、互いにこんなことをささやいてばかりいた。「王が狂った。我らの王とその廷臣は理性を失ってしまった。狂った王に統治されるなんてまっぴらだ。我らの手で王の座から引きずり降ろそう」

 その夜、王は金の杯を泉の水で満たすよう命じた。杯を受け取ると、王はそれをぐっと飲み、自分の廷臣にも渡して飲ませた。

 そして、ワイラニの街に大いなる歓喜が広まった。王とその廷臣とが理性を取り戻したからである。