読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ΕΚ ΤΟΥ ΜΗ ΟΝΤΟΣ

熱い自分語り

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「七人の自己」

 今日も今日とてハリール・ジブラーンのThe Madmanを訳していきます。テクストは毎度おなじみProject Gutenberg Australia*1です。今回お送りするのは'The Seven Selves'という作品です。七、という数字は、ジブラーンの詩に度々出てきますね。こいつの意味するところとか、いつかきちんと考えてみたいと思ってます。

 

The Seven Selves


In the stillest hour of the night, as I lay half asleep, my seven selves sat together and thus conversed in whisper:

First Self: Here, in this madman, I have dwelt all these years, with naught to do but renew his pain by day and recreate his sorrow by night. I can bear my fate no longer, and now I rebel.

Second Self: Yours is a better lot than mine, brother, for it is given to me to be this madman’s joyous self. I laugh his laughter and sing his happy hours, and with thrice winged feet I dance his brighter thoughts. It is I that would rebel against my weary existence.

Third Self: And what of me, the love-ridden self, the flaming brand of wild passion and fantastic desires? It is I the love-sick self who would rebel against this madman.

Fourth Self: I, amongst you all, am the most miserable, for naught was given me but odious hatred and destructive loathing. It is I, the tempest-like self, the one born in the black caves of Hell, who would protest against serving this madman.

Fifth Self: Nay, it is I, the thinking self, the fanciful self, the self of hunger and thirst, the one doomed to wander without rest in search of unknown things and things not yet created; it is I, not you, who would rebel.

Sixth Self: And I, the working self, the pitiful labourer, who, with patient hands, and longing eyes, fashion the days into images and give the formless elements new and eternal forms--it is I, the solitary one, who would rebel against this restless madman.

Seventh Self: How strange that you all would rebel against this man, because each and every one of you has a preordained fate to fulfil. Ah! could I but be like one of you, a self with a determined lot! But I have none, I am the do-nothing self, the one who sits in the dumb, empty nowhere and nowhen, while you are busy re-creating life. Is it you or I, neighbours, who should rebel?

When the seventh self thus spake the other six selves looked with pity upon him but said nothing more; and as the night grew deeper one after the other went to sleep enfolded with a new and happy submission.

But the seventh self remained watching and gazing at nothingness, which is behind all things.

 

七人の自己


 夜分で最も静けき時刻に、横になって微睡んでいると、我が七つの自己が共に座して、ささやき声でこんな風に話した。

 第一の自己「ここに、この狂人の中に、俺は長年、居を構えてきた。昼はこいつの苦しみを回復させることしか出来ないし、夜はこいつの悲しみを創り直すことしか出来ない。もうこんな運命にはうんざりだ。今から反乱を起こしてやる」

 第二の自己「お前は俺よかだいぶマシだよ、兄弟。だって俺に宛がわれてるのは、この狂人の楽しんでる自己だからな。俺はこいつの笑いを笑って、こいつの幸福な時を歌っている。そして、滅茶苦茶に傷ついたこの足で、こいつの輝かしい想いを踊ってるんだ。このうんざりするような生活に反旗を翻すのは俺だよ」

 第三の自己「俺はどうなんだ? 愛に苦しむ自己だぞ? 激情と馬鹿げた欲望の燃える松明が俺なんだぞ? この狂人に反乱を起こすのは、俺だよ、愛に苦しむ自己だよ」

 第四の自己「お前らの中で一番惨めなのは俺さ。俺には不愉快な憎しみと破壊的な憎悪しか与えられてないんだぞ。この狂人に仕えることに抗議するのは俺だよ。嵐のような自己、地獄の暗い洞窟で生まれた俺だよ」

 第五の自己「いや、俺だよ。考える自己、空想にふける自己、飢え渇いた自己、知られざるものや未だ創られざるものを探して休みなく歩かなきゃならない存在なんだぞ。反逆するのは俺だ、お前らじゃない」

 第六の自己「俺は働く自己だ。卑しい人夫だ。勤勉な手と憧れに満ちた眼で、日々を心像に作りかえ、形のない要素に新しい永遠のかたちを与えているるんだぜ。俺が、この孤独な存在が、休みことなきこの狂人に反旗を翻すんだ」

 第七の自己「お前らがこの男に反逆したがってるなんて、おかしな話だ。お前らはひとりひとり定められた運命があって、それを全うすることが出来るんだからな。ああ! 俺もお前らみたいになりてえよ。確固とした運命のある自己になりてえよ。でも俺には何もないんだ。俺は何もない自己なんだ。お前らが日々を作り直すのに汗をかいてる間、物も言わずに座って、空っぽのまま、どこにも、どの時間にも居場所がないんだ。同胞たちよ、反逆すべきなのはお前らか? それとも俺か?」

 第七の自己がこのように語ると、他の六人の自己は憐みの眼で彼を見たが、何も言えなかった。そして夜が深くなるにつれ、一人、また一人と眠りについた。新しい、幸福な服従に包まれて。

 しかし第七の自己は、虚無をじっと見つめ続けていた。全てのものの背後にある虚無を。