読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ΕΚ ΤΟΥ ΜΗ ΟΝΤΟΣ

熱い自分語り

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「大いなる思慕」

 じゃんじゃん行きますよー。ハリール・ジブラーンのThe Madmanのお時間です。テクストは皆大好きProject Gutenberg Australia*1です。今回お送りするのは'The Great Longing'ちう作品です。神話的で壮大ながら、恐らく思春期に誰もが抱いたであろう感情が描かれています。

 

The Great Longing


Here I sit between my brother the mountain and my sister the sea.

We three are one in loneliness, and the love that binds us together is deep and strong and strange. Nay, it is deeper than my sister’s depth and stronger than my brother’s strength, and stranger than the strangeness of my madness.

Aeons upon aeons have passed since the first grey dawn made us visible to one another; and though we have seen the birth and the fullness and the death of many worlds, we are still eager and young.

We are young and eager and yet we are mateless and unvisited, and though we lie in unbroken half embrace, we are uncomforted. And what comfort is there for controlled desire and unspent passion? Whence shall come the flaming god to warm my sister’s bed? And what she-torrent shall quench my brother’s fire? And who is the woman that shall command my heart?

In the stillness of the night my sister murmurs in her sleep the fire-god’s unknown name, and my brother calls afar upon the cool and distant goddess. But upon whom I call in my sleep I know not.

Here I sit between my brother the mountain and my sister the sea. We three are one in loneliness, and the love that binds us together is deep and strong and strange.

 

大いなる思慕


 兄弟なる山と姉妹なる海に挟まれて、俺はここに座っている。

 俺たち三人は、孤独なところが一緒だ。俺たちを盲目にした愛は、深くて強くて、そして奇妙だ。いや、そんなもんじゃない。それは姉妹の深さよりも深く、兄弟の強さよりも強く、そして俺の狂気の奇矯さよりも変わってるんだ。

 初めての薄暗い夜明けのおかげで互いが見えるようになってから、永遠に次ぐ永遠が通りすぎていった。数多の世界が生まれ、満ち足り、死んでゆくのを見てきたけれど、それでも俺たちは未だに物足りないし、未熟なままだ。

 俺たちは未熟だし満足できてない。なのに伴侶も、訪ねてくれる人もいない。俺たちはずっと、中途半端に抱き合ったままでいるが、慰められることはない。でも、管理された欲望や活かされぬ情熱に、何の慰めがあるっていうんだ? 我が姉妹の寝床を温めてくれる、燃え立つような色男は、どこから来てくれるんだ? 我が兄弟の火を消してくれる濁流のような女は、どんなひとなんだ? この心を支配してくれる女性は誰なんだ?

 夜のしじまに、我が姉妹は夢の中で火神の知られざる御名をささやき、我が兄弟は遠くにまします冷たい女神のもとへ赴く。でも俺は、夢の中で誰のもとに赴けばいいのか、分からないんだ。

 兄弟なる山と姉妹なる海に挟まれて、俺はここに座っている。俺たち三人は、孤独なところが一緒だ。俺たちを盲目にした愛は、深くて強くて、そして奇妙だ。