読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ΕΚ ΤΟΥ ΜΗ ΟΝΤΟΣ

熱い自分語り

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「友よ」

 レバノン出身の宗教詩人ハリール・ジブラーン(Khalil Gibran)(1883-1931)の散文詩集(たまに普通のいわゆる詩もあるよ)『狂人(The Madman)』(1918)を時間があるときにちょっとずつ訳してこうと思います。テキストはProject Gutenberg Australiaのものを使います*1。順番バラバラ、糞直誤訳でお届けします。今回訳すのは「友よ(My Friend)」という作品。

 

My Friend

 

My friend, I am not what I seem. Seeming is but a garment I wear--a care-woven garment that protects me from thy questionings and thee from my negligence.

The “I” in me, my friend, dwells in the house of silence, and therein it shall remain for ever more, unperceived, unapproachable.

I would not have thee believe in what I say nor trust in what I do--for my words are naught but thy own thoughts in sound and my deeds thy own hopes in action.

When thou sayest, “The wind bloweth eastward,” I say, “Aye it doth blow eastward”; for I would not have thee know that my mind doth not dwell upon the wind but upon the sea.

Thou canst not understand my seafaring thoughts, nor would I have thee understand. I would be at sea alone.

When it is day with thee, my friend, it is night with me; yet even then I speak of the noontide that dances upon the hills and of the purple shadow that steals its way across the valley; for thou canst not hear the songs of my darkness nor see my wings beating against the stars--and I fain would not have thee hear or see. I would be with night alone.

When thou ascendest to thy Heaven I descend to my Hell--even then thou callest to me across the unbridgeable gulf, “My companion, my comrade,” and I call back to thee, “My comrade, my companion”--for I would not have thee see my Hell. The flame would burn thy eyesight and the smoke would crowd thy nostrils. And I love my Hell too well to have thee visit it. I would be in Hell alone.

Thou lovest Truth and Beauty and Righteousness; and I for thy sake say it is well and seemly to love these things. But in my heart I laughed at thy love. Yet I would not have thee see my laughter. I would laugh alone.

My friend, thou art good and cautious and wise; nay, thou art perfect--and I, too, speak with thee wisely and cautiously. And yet I am mad. But I mask my madness. I would be mad alone.

My friend, thou art not my friend, but how shall I make thee understand? My path is not thy path, yet together we walk, hand in hand.

 

友よ

 

  友よ、わたしは見かけ通りの人間ではない。見かけなんて、衣装に過ぎない。この丹念に編まれた衣装のお蔭で、わたしは君の詮索から、君はわたしの無関心から守られてるのだよ。

 わたしの内なる「我」は、友よ、沈黙という家に住み、恐らくそこで永遠に、誰にも気づかれず、人を寄せ付けずにいるだろう。

 わたしの言うことを信じてもらおうとも、わたしのすることを信用してもらおうとも思わない。わたしの言葉など、君の考えが音になったものに過ぎないし、わたしの行動は君の願望が行いになったものに過ぎないからだ。

「風が東に吹いている」と君が言えば、「本当だ、東に吹いてる」とわたしも言う。なぜなら、わたしの心が住まうのは風ではなくて海であると、君に分かって貰おうとしてないからだ。

 海の上を行くわたしの想いを君は理解できないだろうし、してもらおうとも思ってない。わたしは、独りで海にいるつもりだ。

 君には昼なら、友よ、わたしには夜だ。だが、そんな時でも、丘陵に舞う真昼について、ひそやかに谷間を進む藤色の影について、わたしは語る。なぜなら君は、わたしの暗闇の歌を聴くことも、星々に背いて羽ばたくこの翼を見ることも出来ないからだ。そしてわたしは、進んで聴かせようとも見せようともしていない。わたしは、独りで夜といるつもりだ。

 君が天に昇るとき、わたしは地獄へ落ちる。そんな時でも、断絶された隔たりを越えて、君はわたしに呼びかけるのだ、「我が道連れ、我が同胞よ」と。そしてわたしもこう返すのだ、「我が同胞、我が道連れよ」と。君にわたしの地獄を見せたくないからだ。焔が君の眼を焼き、鼻が煙で一杯になるだろう。それに、わたしはこの地獄が本当に好きだから、君には来てほしくないのだよ。わたしは、独りで地獄にいるつもりだ。

 真理と美と公正とを、君は愛している。そういうものを愛するのはいいことだし、立派なことだよ――君のために、わたしはそう言う。しかし、心の中では君の愛を笑っているのだ。でも、わたしはこの笑いを君に見せようとは思わない。わたしは、独りで笑ってるつもりだ。

 友よ、君は善良だし思慮深いし賢明だ。それどころじゃない、完璧だ。そしてわたしもまた、賢明に、思慮深く君と話している。でも、わたしは狂っているのだ。しかしその狂気を隠している。わたしは、独りで狂っているつもりだ。

 友よ、君はわたしの友ではない。しかし、どうすれば君は分かってくれるだろうか。わたしの道は君の道ではない。でも、共にわたしたちは歩いているのだ、手に手を取って。

 

 

ハリール・ジブラーンの詩 (角川文庫)

ハリール・ジブラーンの詩 (角川文庫)