ΕΚ ΤΟΥ ΜΗ ΟΝΤΟΣ

熱い自分語り

オディッセアス・エリティス

【詩和訳】オディッセアス・エリティス『定位』より「記念日」

現代ギリシアのノーベル賞詩人オディッセアス・エリティス(1911-1996)の詩を訳してます。今回は処女詩集『定位(ΠΡΟΣΑΝΑΤΟΛΙΣΜΟΙ)』から「記念日(ΕΠΕΤΕΙΟΣ)」を訳してみました。 Jeffrey CarsonとNikos Sarrisは、この作品を「もしかしたらエリティスの…

【詩和訳】オディッセアス・エリティス『定位』より「オリオン」

現代ギリシアのノーベル賞詩人オディッセアス・エリティス(1911-1996)の詩を訳してます。今回は処女詩集『定位(ΠΡΟΣΑΝΑΤΟΛΙΣΜΟΙ)』から「オリオン(ΩΡΙΩΝ)」を訳してみました。この作品、一人称が全部複数なんですよね。そこら辺も含めて、いろいろと深…

【詩和訳】オディッセアス・エリティス『定位』より「第五の季節に面した窓」

現代ギリシアのノーベル賞詩人オディッセアス・エリティス(1911-1996)の詩を訳してます。今回は処女詩集『定位(ΠΡΟΣΑΝΑΤΟΛΙΣΜΟΙ)』から「第五の季節に面した窓(ΠΑΡΑΘΥΡΑ ΠΡΟΣ ΤΗΝ ΠΕΜΠΤΗ ΕΠΟΧΗ)」を訳してみました。アンドレ・ブルトンの『溶ける魚』…

【詩和訳】オディッセアス・エリティス『定位』より「七連七行夜想曲」

現代ギリシアのノーベル賞詩人オディッセアス・エリティス(1911-1996)の詩を訳してます。今回は処女詩集『定位(ΠΡΟΣΑΝΑΤΟΛΙΣΜΟΙ)』から「七連七行夜想曲(ΕΠΤΑ ΝΥΧΤΕΡΙΝΑ ΕΠΤΑΣΤΙΧΑ)」を訳してみました。その名の通り、七行からなる七つのスタンザから…

【詩和訳】オディッセアス・エリティス『定位』より「第二の本性」

現代ギリシアのノーベル賞詩人オディッセアス・エリティス(1911-1996)の詩を訳してます。今回は処女詩集『定位(ΠΡΟΣΑΝΑΤΟΛΙΣΜΟΙ)』から「第二の本性(ΔΕΥΤΕΡΗ ΦΥΣΗ)」を訳してみました。超現実性と、伝統的な愛や真善美に対す讃美が調和したすんばらし…

【詩和訳】オディッセアス・エリティス『定位』より「不在の気候」

現代ギリシアのノーベル賞詩人オディッセアス・エリティス(1911-1996)の詩を訳しくぜのお時間です。今回は『定位(ΠΡΟΣΑΝΑΤΟΛΙΣΜΟΙ)』から「不在の気候(ΚΛΙΜΑ ΤΗΣ ΑΠΟΥΣΙΑΣ)」を訳してみました。彼が強い影響を受けたフランスのシュルレアリスムの薫り…

【詩和訳】オディッセアス・エリティス『定位』より「エーゲ海に」

現代ギリシアのノーベル賞詩人オディッセアス・エリティス(1911-1996)の詩をぼちぼち訳してこうと思います。うんこみたいな訳なのでそこは初めにお詫び申し上げます。基にしたテクストとかは下の文献表に書いてます。 今回は彼の処女詩集『定位(ΠΡΟΣΑΝΑΤΟ…