ΕΚ ΤΟΥ ΜΗ ΟΝΤΟΣ

熱い自分語り

秋山晟『空になる青』復刊リクエスト

復刊ドットコムにて、秋山晟の幻の傑作『空になる青』の復刊リクエストへの投票を募っています。是非、一票をお願いします。 www.fukkan.com 作品については以下の記事で紹介しています。 lacondizioneoperaia.hateblo.jp

「わたし」にまつわるエトセトラ

会社で指摘されて気付いたのだが、自分は一人称の「わたし」を書く際に、一貫して漢字の「私」でなくひらがなの「わたし」を使っているみたいだ。そんな馬鹿なと思って自分の書いたものを読み返したら、ホンマかいな、確かにほぼ全て「わたし」だった。完全…

【詩和訳】オディッセアス・エリティス『定位』より「記念日」

現代ギリシアのノーベル賞詩人オディッセアス・エリティス(1911-1996)の詩を訳してます。今回は処女詩集『定位(ΠΡΟΣΑΝΑΤΟΛΙΣΜΟΙ)』から「記念日(ΕΠΕΤΕΙΟΣ)」を訳してみました。 Jeffrey CarsonとNikos Sarrisは、この作品を「もしかしたらエリティスの…

【詩和訳】オディッセアス・エリティス『定位』より「オリオン」

現代ギリシアのノーベル賞詩人オディッセアス・エリティス(1911-1996)の詩を訳してます。今回は処女詩集『定位(ΠΡΟΣΑΝΑΤΟΛΙΣΜΟΙ)』から「オリオン(ΩΡΙΩΝ)」を訳してみました。この作品、一人称が全部複数なんですよね。そこら辺も含めて、いろいろと深…

【詩和訳】オディッセアス・エリティス『定位』より「第五の季節に面した窓」

現代ギリシアのノーベル賞詩人オディッセアス・エリティス(1911-1996)の詩を訳してます。今回は処女詩集『定位(ΠΡΟΣΑΝΑΤΟΛΙΣΜΟΙ)』から「第五の季節に面した窓(ΠΑΡΑΘΥΡΑ ΠΡΟΣ ΤΗΝ ΠΕΜΠΤΗ ΕΠΟΧΗ)」を訳してみました。アンドレ・ブルトンの『溶ける魚』…

【詩和訳】オディッセアス・エリティス『定位』より「七連七行夜想曲」

現代ギリシアのノーベル賞詩人オディッセアス・エリティス(1911-1996)の詩を訳してます。今回は処女詩集『定位(ΠΡΟΣΑΝΑΤΟΛΙΣΜΟΙ)』から「七連七行夜想曲(ΕΠΤΑ ΝΥΧΤΕΡΙΝΑ ΕΠΤΑΣΤΙΧΑ)」を訳してみました。その名の通り、七行からなる七つのスタンザから…

【詩和訳】オディッセアス・エリティス『定位』より「第二の本性」

現代ギリシアのノーベル賞詩人オディッセアス・エリティス(1911-1996)の詩を訳してます。今回は処女詩集『定位(ΠΡΟΣΑΝΑΤΟΛΙΣΜΟΙ)』から「第二の本性(ΔΕΥΤΕΡΗ ΦΥΣΗ)」を訳してみました。超現実性と、伝統的な愛や真善美に対す讃美が調和したすんばらし…

【詩和訳】オディッセアス・エリティス『定位』より「不在の気候」

現代ギリシアのノーベル賞詩人オディッセアス・エリティス(1911-1996)の詩を訳しくぜのお時間です。今回は『定位(ΠΡΟΣΑΝΑΤΟΛΙΣΜΟΙ)』から「不在の気候(ΚΛΙΜΑ ΤΗΣ ΑΠΟΥΣΙΑΣ)」を訳してみました。彼が強い影響を受けたフランスのシュルレアリスムの薫り…

【詩和訳】オディッセアス・エリティス『定位』より「エーゲ海に」

現代ギリシアのノーベル賞詩人オディッセアス・エリティス(1911-1996)の詩をぼちぼち訳してこうと思います。うんこみたいな訳なのでそこは初めにお詫び申し上げます。基にしたテクストとかは下の文献表に書いてます。 今回は彼の処女詩集『定位(ΠΡΟΣΑΝΑΤΟ…

【歌詞和訳】Will this be the song I'll be singing tomorrow(『死亡遊戯』EDテーマ)

うちの母親は大変立派な人間で、物心ついたばかりの俺にブルース・リーの映画をたらふく与えてくれた。小さい自分には難しい話は何も分からなかったけれど、格好いいヒーローがカンフーで敵をやったらめったら倒しまくるのは痛快だった。それから今に至るま…

【歌詞和訳】Just Like a Butterfly That's Caught In The Rain

かなり古い歌ですが、今の時代の色んな人に共感してもらえるような内容だと思います。雨に濡れた蝶なんてうつくしいもんじゃないけれど、何となく似たような仕方で自分も疲弊しています。はやく晴れてほしいもんです。

『海底大戦争 スティングレイ』のOPとEDを訳してみた(Barry Gray / Stingray, Aqua Marina)

少し前に『宇宙船XL-5』のEDを訳したので、今回はそれに続くジェリー・アンダーソンの大傑作海洋SF人形劇『海底大戦争 スティングレイ』のOPとEDを訳してみました。どちらもクッソ名曲です。バリー・グレイの天才が炸裂しています。特にEDの"Aqua Marina"な…

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「三匹の蟻」

日曜なのでハリール・ジブラーンのThe Madmanを訳すんべかなのコーナーです。テクストは南の国からこんにちはProject Gutenberg Australia*1です。今回訳したのは'The Three Ants'という小品。自分の見てる世界がどれだけ狭いのかわかってないのは、たぶん人…

「おかあさんといっしょ」名曲15選

今日3月30日をもって、だいすけおにいさんが「おかあさんといっしょ」を卒業するそうです。2008年から9年間に渡ってうたのおにいさんを務めたとのこと。おさむおにいさんよりも長い期間この大役を果たしてきたんですねえ。wikipediaによれば、だいすけおにい…

現代ギリシア語の勉強をしています

現代ギリシア語の勉強をしています。 今年の頭くらいから、どうにもこうにも現代ギリシア詩が読みたくなって辛抱たまらなくなったので、冬の賞与(というか寸志? 雀の涙のような額でしたよ)が入るとすぐに、文法書だの辞書だの活用表だのをamazonさんでド…

【歌詞和訳】Paul McCartney and Wings / Live and Let Die(『007 死ぬのは奴らだ』OPテーマ)

どうも、不詳わたくしめ、ムーア・ボンド原理主義者の母を持つダルトン・ボンド原理主義者でごぜえます。どうも、どうも。自分は割と映画が好きな部類なのですが、間違いなく母の影響だと思います。うちの母は60年代~70年代の娯楽映画がたいそう好きな人間…

【歌詞和訳】Smoke Gets in Your Eyes

この世に数多ある失恋ソングの中でも間違いなく最高峰に位置する曲でしょう。「煙が目に染みる」って訳した人の功績は本当に偉大。ザ・プラターズが歌ったバージョンが一番有名なのであんまりピンとこないかもですが、歌詞を見る限り、若い女性が失恋した歌…

市民図書館にまつわる自分語り

思えば、これまでの人生で、ずいぶんと色んな道を走ってきた。国道、バイパス、裏道に獣道。靴底や自転車のホイール越しに感じたそれらの道の感触は、俺の中のいちばん深いところに沈み、今もなお、耳をすませば辛うじて聞こえる位の微かな声で、何か楽しげ…

【歌詞和訳】Cliff Richard and The Shadows / Summer Holiday

穏やかな幸せに溢れた曲。自分の中で夏休みっつったら、大江千里のアレかこの曲ですね。いやですね、俺にだって青春満開の夏休みなんてのもありましてね、ダチ公と海に行ったり山に行ったり映画に行ったり楽しかったっすねえ。そういう、たぶん誰もが少しは…

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「完全な世界」

なんか久しぶりにハリール・ジブラーンのThe Madmanを訳してですね、やろうじゃないかというコーナーですね。テクストはみんなのヒロインProject Gutenberg Australia*1です。今日訳したのは "THE PERFECT WORLD"という作品。この詩集の最後を飾る詩篇です。…

【歌詞和訳】The Mills Brothers / Paper Doll

三次は糞! やっぱ二次元嫁最高! という内容の曲です。これが戦前の曲だっていうんだから、メリケンさんの先見性には目をみはるばかりです。ギブミーチョコレート。ただ、この曲の"I"は俺たち限界オタクみたいに、三次元の女性から見向きも去れないのでフィ…

「地方創生のリアル」の記事を読んで、日本のキリスト教の現状そのものだと痛感した話

Twitterを覗いてたら、こんな記事が話題になっていた。 toyokeizai.net 衰退している地方の中には、有能な若者を自ら排除する構造を孕んだところが多々あり、そのせいで自らの首を締める結果になっていることが指摘されていた。若者に来てほしい、と言いなが…

【歌詞和訳】Blue Lou

アート・テイタムの演奏で知りましたけど、可愛らしくて大好きな曲です。ルーっていうのはルイーズとかルイーザとかの愛称なんだそうで。英米圏のこういう愛称のつけかたってお茶目でいいっすよね。ちなみに、自分の中でのブルーなルーのイメージは『カビリ…

今日という日に、ゴジラについて――あるいは、不幸にも『シン・ゴジラ』が傑作となってしまった件について

ゴー! ゴー! 123 3456345678 ギャー!怪獣サマのお通りだカッコよくなんでも ブッ飛ばせ!ゴーゴー ゴジラは 放射能ミ ミ ミニラも ポーッポーポドッスン ガッタン ドッスン ガッタンみんなこわしてしまうけどごめんよ かんべん おれたちも生きてゆくのは きび…

新海誠『言の葉の庭』――空から降る一億の新海汁

きっちり足に合った靴さえあれば、じぶんはどこまでも歩いていけるはずだ。そう心のどこかで思いつづけ、完璧な靴に出会わなかった不幸をかこちながら、私はこれまで生きてきたような気がする。行きたいところ、行くべきところぜんぶにじぶんが行っていない…

【歌詞和訳】Barry Gray / I Wish I Was a Spaceman(宇宙船XL-5エンディングテーマ)

サンダーバードで有名なジェリー・アンダーソンの手掛けた痛快スぺオペ特撮人形劇『宇宙船XL-5(Fireball XL5)』のエンディングテーマを訳してみました。曲を聴いた限りふわーんとした感じの何とも軽快な曲っぽかったのですが、きっちり歌詞と向き合ってみ…

泉図書館にまつわる自分語り

その朝、唐突に学校をサボろうと決めた。確か高校の決まりでは、三分の二以上出席していれば進級・卒業できるはずだった。一日くらいサボっても死にはしない。なら今日はサボろう。そう決めた。 何食わぬ顔で朝食を食べ、何食わぬ顔で弁当を受け取る。まずは…

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「与えることと受け取ることについて」

東京じゃない場所で消耗してるけどハリール・ジブラーンのThe Madmanを訳したっちゃったのコーナーです。テクストはほんがたくさんなフレンズのProject Gutenberg Australia*1です。今回訳したのは'On Giving and Taking'という小品。金持ちほどケチ臭い、っ…

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「二人の学者」

ハリール・ジブラーンのThe Madmanをぐひぐひ訳しちゃうんだよねのコーナーです。テクストは我らが兄弟Project Gutenberg Australia*1です。今回訳したのは'The Two Learned Men'という話。お前らぜったい仲いいだろ。 *1:The Madman by Kahlil Gibran

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「賢い犬」

ハリール・ジブラーンのThe Madmanをやーくーすーのーだーのコーナーです。テクストは母なる父なるProject Gutenberg Australia*1です。今回訳したのは'The Wise Dog'という話。自分も割と人のこと内心こうやって馬鹿にしたりするけど、ハリ-ルのおじさんか…

【歌詞和訳】Cliff Richard and The Shadows / Shooting Star(劇場版『サンダーバード』挿入歌)

今日はサンダーバード熱がやばいので勢いに任せてもういっちょ。1966年の劇場版『サンダーバード(Thunderbirds are Go)』から、この曲を訳してみました。サー・クリフ・リチャードのハスキーな声がオラオラな歌詞に超合ってて最高。あと、劇中でのPVも大変…

【歌詞和訳】Barry Gray / Dangerous Game(サンダーバード28話挿入歌)

サンダーバードが死ぬほど好きなのですが、28話の「魅惑のメロディー(The Cham-Cham)」は五指に入るエピソードです。サンダーバードは同じ大英帝国の007の影響で結構スパイものみたいな話が入るのですが、こいつはその中でも屈指の完成度だと思います。特…

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「善い神と悪い神」

ハリール・ジブラーンのThe Madmanをホイホイ訳しましょうのコーナーです。テクストは偉大なるProject Gutenberg Australia*1です。今回訳したのは'The Good God and The Evil God'という話。たぶん、神様の間ではあるあるな話なんでしょう。実際、わたした…

若林図書館にまつわる自分語り

家から絶妙な距離だった。自転車で40分くらいだったろうか。橋を二つ越えると、街中なのに緑がやたらに多い場所がひらく。まず目に入るのは長崎屋。それからバイク屋。車屋だったか? 少なくとも、レッドバロンでないことは確かだ。そのまま真っ直ぐ行けば泉…

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「草の葉が言った」

なんか久しぶりですがハリール・ジブラーンのThe Madmanをじゃんじゃか訳しちょりましょうのコーナーです。テクストは毎度おなじみぼくらの友だㇼProject Gutenberg Australia*1です。今日訳したのは'Said a blade of grass'という小品。これも永劫回帰って…

イングマール・ベルイマン『秋のソナタ』――瞬間と持続

「ぼく、おとうさんのこと、すごく好きなんだ」「うへぇ!」「……なに、うへぇって」「いやなんとなく」「好きって絶望だよね」 桜庭一樹『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』*1 *1:桜庭一樹『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』角川書店、2009年、53頁。

こいずみまり『ガーデンオブエデン』――再生と暗夜

※以下ではこいずみまり『ガーデンオブエデン』の内容を盛大にネタバレしています。未読の方は回れ右。 ※いつもに増して基地外度が高い記事になってます。怖い人は回れ右。 ※この記事の姉妹編みたいな内容になってます。興味のある方は是非覗いてみてください…

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「野望」

今日はあったけーハリール・ジブラーンのThe Madmanをゴリゴリ訳すっぺかのコーナーです。テクストは洗濯物が凍ったりしないお国のProject Gutenberg Australia*1です。今日訳したのは'Ambition'という作品。風が吹けば桶屋が儲かる理論ですかね。かなりブラ…

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「色んな顔」

はいさーーーーいハリール・ジブラーンのThe Madmanをだらだら訳してくんぞのコーナーです。テクストはくらい夜の とばりが消える 朝が来たら ねむりから さめてほしいの 私のProject Gutenberg Australia*1です。今日訳したのは'Faces'という作品。メッチャ…

秋山晟『空になる青』――うつくしい子供

力強く、もろく、素直じゃないけどストレートな君たちの交わす言葉は、一歩離れて見ている私たちには痛く、でもやっぱり、どうしてもあたたかい。内側に、光るクラックを包んでいる透明な結晶をひとつ、いただきました。 芦奈野ひとし「青の子供達」*1 *1:秋…

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「戦争」

月曜で死にそうだけどハリール・ジブラーンのThe Madmanを訳すぜのコーナー。提供は不滅の英雄Project Gutenberg Australia*1です。今日訳したのは'War'という作品。タイトルも含め、何とも恐ろしくおぞましい内容です。でも、このおぞましさはこの世の中で…

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「柘榴」

日曜の夜にハリール・ジブラーンのThe Madmanを訳しちょたるだぜよのコーナーです。テクストはお目目の恋人Project Gutenberg Australia*1です。今日訳したのは'The Pomegranate'という作品。老害の自分語りは良くないねえという内容ですかね。はい、すみま…

【歌詞和訳】Memories of You

【北村英治 ☆ Clarinet】 ♪ 北野タダオ & A.J.O =p6= [ HD or &fmt=35] 北村英治マジで愛してる。

【歌詞和訳】I Didn't Know What Time It Was

リチャード・ロジャースとロレンツ・ハートの黄金コンビが作った数え切れないほどの名曲の一つ。'Manhattan'に並んで、このコンビの最高傑作だと自分は思ってます。若くて何かに夢中になっているときは、今が何時何分かなんて気にしないもの。でも、いざ夢か…

記憶と星座

ヨコハマ買い出し紀行ドラマCDオーダー13に入っているGONTITIのa summer’s melody。その歌詞で、自分の一番好きだったところに”to the sand and the sea”というのがあった。この”sea”の後の間に何とも言えぬ余韻があってよかったのだ。しかし、このたびa sum…

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「聖なる街」

ようやく金曜だやったぜいハリール・ジブラーンのThe Madmanを和訳したるぜのコーナーです。テクストはいー仕事してますねーProject Gutenberg Australia*1です。本日訳したのは'The Blessed City'という作品。とある男が体験した世にも奇妙な物語。かんっぜ…

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「神」

ハリール・ジブラーンのThe Madmanを訳しちゃりましょうのコーナーです。テクストはいつもオージービーフにはお世話になってますProject Gutenberg Australia*1です。今日紹介するのは'God'という作品。神話的にして甘美な一篇です。実はこいつを訳したのは…

夜更かし気晴らしカントリーマアム

眠れない時には無理に寝ないで、勉強でもすればいいんだ。そう言っていたのは、高校の時の理科の先生だった。伊奈かっぺいをちょっとふっくらさせたような風貌で、ギターが大好きな音楽狂だった。よく授業にギターを持ち込んで、化学や生物の事項について、…

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「墓掘り」

明日は休日出勤ですが知らねえわボケクソハリール・ジブラーンのThe Madmanを訳してやるのコーナーです。テクストはああ日本よりかはずっとましな労働環境なんだろうなProject Gutenberg Australia*1です。今日訳したのは’The Grave-Digger’という小品。狂人…

【詩和訳】ハリール・ジブラーン『狂人』より「そして、ぼくの喜びが生まれたとき」

富めるときも病めるときもハリール・ジブラーンのThe Madmanを訳しませうのコーナーです。テキストは我らが英雄Project Gutenberg Australia*1です。今回訳したのは、'And when my Joy was born'という作品。悲しい、悲しいお話です。 *1:The Madman by Kahl…